スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

漫画版「Another」4巻感想 ※ネタばれ有 

漫画版「Another」4巻読了~。

20111230_01.jpg

1月からアニメ開始の本作ですが、漫画版は一足先に完結。
当ブログでは今更ですが、アニメ直前ってことで念のため。。

結末に触れるネタばれ有なのでご注意を。

さて感想。

呪いを止めるためのクラス合宿を開始した三年三組。
カセットテープの内容から、
かつてどのようにして"災厄"をとめたのかを知った恒一たちだが、
その方法はいないはずの1人を殺すというものだった。

20111230_02.jpg

記憶の改ざんにより、死者の特定は不可能に近く、
かといってその方法が露見すると最悪無差別殺人が発生する可能性もあるという。

案の定、事実を知る勅使河原が精神的に追い詰められて、
風見を危険にさらしてしまう。

そんな状況の中でどのように死者を特定するのか。
特定なんてできるのかってのが問題だったのだが、
その方法は果たして鳴の特殊能力発動でオーケーというw

20111230_03.jpg

悪くはないんだけど、ちょっとファンタジー色が強いなって印象かな。
元々災厄とか非現実的ではあるんだけど、
死者と生者ではちょっと扱いが変わってくると思うので、
この辺りは、どこまで許容できるかってとこでしょうか。

とはいえ、鳴のミステリアスな印象をより強めるギミックではありますね。

答えを知る鳴がそれを恒一に教えない理由とか、
もったいぶるなぁって思っていたけど、
これが真実を知った瞬間にあまりの衝撃に呆然としたあと、
徐々にそういうことかぁと納得できたりしました。

20111230_04.jpg

てことで、死者の正体は半分予想通り、
半分は全くの予想外という奇妙な結果でしたw

三上先生=怜子っていうのは全く気づかなかった。
それだけに明かされたときに衝撃もすごかったし、
その後に死者を死に還すしか方法がない現実に対しして
自らの手で幕を下ろした恒一や、その恒一を見る怜子の構図とか
何もかも切なすぎて胸が痛かったです。

人々の記憶から今年の災厄の記憶から怜子の記憶が消えていくなか、
怜子の死に最も近かった恒一と鳴だけが彼女を覚えているというその後の話。

20111230_05.jpg

記憶の辻褄が合い始めたことと、災厄の間の出来事が思い返され、
怜子との大切な日々が甦り慟哭する恒一の姿を見てしまうと、
思わず涙がこみ上げてきそうになってしまいました。

多くの悲劇を生んだ災厄だけど、
かつて大切に思っていた人と再び言葉を交わすことができた記憶は
近しい人にとって、幸せだったのか悲しみを大きくしただけだったのか。

それでもずっと記憶に留めておきたいと願ってしまうのは、
それが大切な記憶だと感じるからなのだろうか。

死者でありながら生者として戻ってきた玲子は果たして、
今を生きていたらこうあったであろう玲子の姿だったのかとか、
根っこはホラーなのに、人の思いを強く感じさせる作品でした。

原作は未読なんだけど、
漫画「Another」は話の雰囲気と絵の美麗さがマッチしていて、
作品としての完成度は高いと感じられますね。
読んでよかったと思える良作でした。

原作の綾辻行人氏の作品も他のを読みたいと思うし、
漫画版作者の清原紘氏にもすっかりハマッてしまいました。

アニメは絵が違いますが、
作品の魅力をアニメでもぜひ感じたいですね。

Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)Another (4) (角川コミックス・エース 170-8)
(2011/12/28)
清原 紘

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2011.12.31 Sat. 00:02 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« のらくら雑記帳が選ぶ2011年面白かった作品
「ハヤテのごとく!」31巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/661-7c730d57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。