スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「大奥のサクラ」2巻感想 ※ネタばれ有 

「大奥のサクラ」2巻読了~。

20120103_01.jpg

表紙の銀狼が愛らしいですが、
舞台は愛憎渦巻く現代大奥ってことで今巻もとんでもない展開。

サクラが序列十位となり、
いよいよクーデーター計画の実施段階に入る銀狼長屋。

絲妃に対抗するため、
かねてより協力を要請している序列第四位の金獅子と接触。

20120103_02.jpg

黒姫が前巻で序列三位になっているので、
これで1~4位までが勢揃い。

絲妃と金獅子の関係が過去まで遡って描かれましたが、
あまりにも凄惨な内容に言葉もないとはまさに。
秀影とサクラの過去もだけど、絲妃の所業は徹底しすぎてますねぇ。

そして今巻もまだまだ底知れぬ不幸への崖を転がり落ちる黒姫。
裸エプロンを優しい目で見てしまうとか初めてw

20120103_03.jpg

行動の基本が秀影のためという健気な子なのに、
本気で人を憎みきれない優しさが自らの心を壊す要因となってしまっている。
絲妃の遺伝子を受け継ぐ黒姫が、今後どのような立ち位置になるのか。

ってことでクーデターですが、
絲妃に心折られた金獅子が、銀狼やサクラ達の気持ちによって再起、
二人の関係と共に、絲妃による暗黒時代に終止符を打つ形に。

・・・なんだけど、あまりにも被害が大きすぎる。。
絲妃、金獅子の死亡をはじめとして、
銀狼、赫竜が行方不明、そして水蛇の死。

20120103_04.jpg

絲妃に操られていた序列が一桁台の人たちもどうなったのかだしで、
これはもう実質大奥の主戦力崩壊ってことなのだろうか。

そこにきて、絲妃が操れなかった危険因子が解放されたりと
群雄割拠の戦国時代に突入みたいな形になりそうですねぇ。
黒船襲来もあわせると、他国からの侵略も有なのか?

赫竜の能力の秘密なんかがあとがきで触れられていましたけど、
金獅子クラスの能力ともなるとどう太刀打ちしていいかわかりませんね。
相性云々でどうにかなる相手と、どうにもならない相手がいそう。

将軍死亡ってのもあって、戦いで序列を決めていた大奥の体制がなくなり、
他国からの侵略者に対抗するため、大奥の戦力が協力し合うとかある・・・かなぁ?
ない可能性高そうだなぁ^^;

そんなこんなで2巻にしていきなりの体制崩壊。
今後の大奥がどうなるのか、そして秀影とサクラの恋の行方は。

次巻を楽しみにしてます。

大奥のサクラ  現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)大奥のサクラ 現代大奥女学院まるにっ! (角川スニーカー文庫)
(2011/12/28)
日日日

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.01.03 Tue. 19:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« アニメ「カーニバル・ファンタズム」3rdSeason感想 ※ネタばれ有
新年 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/664-d6546685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。