スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「山風短-第四幕 忍者枯葉塔九郎-」感想 ※ネタばれ有 

「山風短-第四幕 忍者枯葉塔九郎-」読了~。

20120107_01.jpg

第三幕が現代劇だったけど、第四幕で忍者に戻ってきました。
やっぱりこっちが山田風太郎の本領って感じですね。
今巻もすごい。

メインとなるのは、筧隼人とお圭夫婦。
そして忍者の枯葉塔九郎。

駆け落ちをした隼人とお圭だが、
現実の厳しさを味わう道程に夫婦仲にずれが生じ始める。

20120107_02.jpg

まぁSEXするのに、「いざ!まいる!!」とか言ってる時点で笑うしかない。
介錯をする武士の心境とかどんだけ追い込まれてるんだw

そんな隼人は、お圭を遊郭に売ってそのまま逃げようとしてしまうわけだが、
そこに表れるのが枯葉塔九郎。

20120107_03.jpg

ほとんど不死身の体を持つ塔九郎にお圭を売る代わりに、
塔九郎と一芝居打って御前試合に勝ち残る隼人。

池田家に仕官を果たしたものの、
塔九郎とお圭はそのまま姿を消してしまう。

と、まぁここまではまだまだよくある話でしたよ。。
ここから先が山田風太郎の世界。

御前試合から3年。
出世をした隼人は塔九郎とお圭に再会する。

人間余裕があればかつて手放したものが惜しく感じるのか、
お圭を塔九郎から買い戻そうとする隼人。
だが、それを断る塔九郎。

顔はあれだが、愛するものを守ろうとするその姿は
隼人とは違う男らしさを感じますね。

お圭を人質とされ捕らえられる塔九郎だが、
その際にお圭を守る一手を打つ。

20120107_04.jpg

それが、塔九郎のイチモツをお圭のソコに突っ込んでおくとか、
なんか自分で言ってて何が何やらwww

捕らえられる一瞬でこの状況を作った塔九郎と、
それを受け入れて、ちょっとうっとりしてるお圭とか
もうこの夫婦の3年ってどんなだったのが凄く気になる。

更にこのあと、牢の中の塔九郎を解体して、
牢の外で組み立て直し、最後の仕上げとばかりに
お圭に入ったソレをそのまま塔九郎にくっつけるとか。

20120107_05.jpg

エロいんだか不気味なんだかなんともいえない光景。
周りがドン引きなのも仕方ないというものw

まぁ2人は幸せなようで何よりなのかな?^^;

一方隼人は破滅への道を歩むわけだが、
これはお圭がいようがいまいが関係なく、
彼本来の性分に見合った最後だったような気もします。

1人の女性をめぐった侍と忍者のそれぞれの道。
大切なものを見定めることが出来たか否かが、
2人の道の大きな分岐点だったのかもってことですね。

それにしても山田風太郎作品は、
毎回違った衝撃を与えてくれるのが新鮮すぎます。
本作もとても面白く、色々な意味でも忘れられない話となりそうw


山風短(4)忍者枯葉塔九郎 (KCデラックス)山風短(4)忍者枯葉塔九郎 (KCデラックス)
(2012/01/06)
せがわ まさき

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.01.07 Sat. 21:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「月刊少年マガジン」2012年2月号感想 ※ネタばれ有
「おまもりひまり」9巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/668-c2ebe0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。