スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2012年2月号感想 ※ネタばれ有 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20120108_01.jpg

表紙は「修羅の門」。

ルゥの発勁の種明かしがされたけど、
発勁と甲乙つけがたい上級技術すぎて理屈はわかっても
それを実戦できるとは到底思えない離れ業。

対抗策がわかったところで素でも強いルゥをどう攻略するのか。

「ノラガミ」は人と神の縁に関する話。
縁が薄れることで次第に人の記憶から消えていく狭間の人々。

20120108_02.jpg

鈴巴との出会いからよりそのことを意識した雪音。
元が人であっただけに、いきなり心が強くなるなんてこともないですしね。
そういう気持ちを利用する輩まで現れたりと、
毘沙門陣営もいよいよ怪しい動きが見えてきました。

「ましろのおと」はいよいよ雪達の演奏開始。
緊張に震えるメンバーだが、演奏が始まると意外と?いつも通り。
これぞ練習の成果とばかりに音を奏でる。

20120108_03.jpg

海人の一の糸から雷の長唄の手による3パート分け。
さらに勝利へのもう1段階に引き上げる雪の演奏。
変則ながらも調和された演奏に魅了される観客。

雪のフォローも随所にあったけど、
まさに団体だからこその仕上がりって感じです。
演奏シーンとかなんかもう奮えが止まらなかった。

ここまでくると結果に期待してしまいます。

「四月は君の嘘」は、公生を思う椿にスポットを当てた話。
公生とかをりの距離が縮まっていることを意識する椿は、
中学最後の総体でも、いつもの自分を取り戻せずふがいない結果を残す。

20120108_04.jpg

離れてしまうと思っていた公生との距離なのに、
自分のことを見ていてくれた公生をそばに感じて感情を爆発させる椿とか。
最初は恋愛に一番遠いかと思っていた椿が
一番恋をしていたってのがニヤニヤさせてくれますね。

とまぁ、椿は先輩と付き合っているわけで、そっちをどうするのかとか、
気持ちを伝えたわけではないので、公生とかをりの距離感は変わらないだろうしで
前に進んだようでいて状況的にはそこまで変わってないのが気になるところw

次回からの椿がどういう立ち位置になるか注目したい。

というわけで新年最初の月マガも最高に面白かった。
今年も一年楽しませてもらいます。。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2012.01.08 Sun. 20:39 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「乃木坂春香の秘密」15巻感想 ※ネタばれ有
「山風短-第四幕 忍者枯葉塔九郎-」感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

今回の修羅の門読んで、よくやったといい意味で思いました

発勁ですが、実際あんな感じであってます。
あと、インパクトの瞬間に足の踏み込み(震脚ってやつです)、腰の回転、腕の力などを打ち込む箇所に一点集中させることによって、驚異的な威力が生じるわけ、・・・だと思います(おぃ
未熟者で修行中の身なので、おそらくそうだろうな、と(^^;

極めれば、一見微動だにしていないのに相手が吹っ飛ばされるとか。…そこまでは正直半信半疑(核爆
まあ、確実に言えるのは、近代格闘技とは体系の異なる技術に過ぎないということです。

今日日、ハッケイという言葉はあちこちで聞かれますが、
フィクションでも現実でも理解している人は少なく、理解しようとすらせず、魔法と同等の扱いをしていることに対して苦々しく思っているオタクの戯言でしたw
(余談ですが、震脚で足場を砕いている描写を某漫画で見たことありますが、あれはNG。脚の踏み込みできなくしてどうすんのw)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2012.01.08 21:49 * 編集 *

インパクト云々は格闘技に限らず~なとこもありますが、
体の使い方次第で威力倍増とかできちゃうのがその道を極めた成果なんでしょうかね。
ルゥに関して言えば、非力を補うなんて理由でもないのが怖いですが^^;

足場を砕くってのは結構ありますよねw
現実で考えたらそれじゃあ踏み込めないってのは私も思ってました。
私は最近某剣道漫画の演出が気になって仕方ないですw

格闘技に限らず、扱う題材を現実に実践してる人からすると
演出過多な漫画は多いですから、
それはそれ、これはこれってことですね。

URL | むらちゃん #-

2012.01.09 00:55 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/669-4cefcbc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。