スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「僕らはみんな河合荘」2巻感想 ※ネタばれ有 

「僕らはみんな河合荘」2巻読了~。

20120204_01.jpg

読み終わって思ったことは、
この漫画を読んでる顔はとても人には見せられないということw

いや~、笑うわにやけるわで顔が緩んで仕方ないですよ。。

特に今巻は宇佐と律の関係がいい感じに近づいてきていて、
恋愛方面での面白さが加速してきましたね。

宇佐は相手を理解ようとすることをごく自然にできるのが凄い。
逆にそこが変態を招き寄せるデメリットになってるのに、
本人がそこに気づかないというか、報われない男ですw

20120204_02.jpg

律との距離が縮まるきっかけも律の趣味である読書。
律が読んでいた本に興味を持ってってのがまた自然な流れ。
それだけ律を見てるってことなんだけど、
宇佐も律もそれに気づかず会話してるあたり初々しいというか。

律は感想を言い合える相手が出来たことが嬉しいのかな。
宇佐との距離を律のほうから縮める形も出てきたりと、いい雰囲気。

宇佐がバイトをする話では、勢いのまま大胆な行動に出てみたり。
律だけでなく住人みんなが宇佐のために行動するっていうのはいいですね。

20120204_04.jpg

友人たちも場の雰囲気があって~みたいなので悪ノリしてたのかもだけど、
正直な気持ちとしてはスカっとする展開でしたw

彩花がどうやって男たちでヒマつぶししたのかが凄く気になります^^;

変態処理なのは相変わらずながら、
河合荘で宇佐は大切にされるだけの理由が証明されたようで嬉しい話でした。

20120204_05.jpg

ラストのハンバーグも嬉しいお祝いだったって結末もよかった。
オチも忘れなかったけどねw

アパートものではヒロインとの絆もだけど、
こういう住人たちの一致団結ってのもはずせませんし、
どれも余すことなく堪能できる本作はやはり秀逸だと思いますね。

さてそんな河合荘のほかの住人の方々。
今巻はシロがメインの話がありました。

冒頭から犯罪臭が漂ってきましたけどねw

20120204_03.jpg

あとよくよく見るとシロって特別なことしてない話だったりもするけど、
だからこそシロの人柄が表れているって気もします。

あと麻弓のチョロさが可愛いすぎる(●⌒∇⌒●)

河合荘に子供がまざっても対して
会話のレベルが変わってないのも笑いどころなのかな^^;

こちらも笑いが盛り沢山ながらも
最後に心温まる締めがあって面白かったです。

というわけで今巻もページをめくる手が止まらない一冊。
1回読んで、感想を書きながらもう1回読んでたとかねw
下ネタも絶好調で、欲しい面白さに余すとこなしでした。

次巻も楽しみにしてます。

僕らはみんな河合荘 2巻 (ヤングキングコミックス)僕らはみんな河合荘 2巻 (ヤングキングコミックス)
(2012/01/30)
宮原 るり

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.02.04 Sat. 01:22 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「妄想奇行-Adolescence Avatar-」感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年9号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/683-5ca89acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。