スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2012年3月号感想 ※ネタばれ有 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20120207_01.jpg

表紙は「カペタ」。

F3を制したカペタから出たF1宣言。
祝勝会は誰のどの言葉も熱く響き感動的でした。

巻頭カラーは「ノラガミ」。

20120207_02.jpg

多くの神器を抱える毘沙門に現れるヤスミ。
神器多いっていうか、多すぎるw
その弊害が毘沙門を蝕み続けているわけだけど、
陸の暗躍なんかも絡んできて複雑化しそうですね。

夜トは夜トで父親?の存在やら、
自身の存在やらに関わる秘密の影。

あっちもこっちも問題だらけでどうなってしまうのかw

「修羅の門」は九十九のうった布石が実を結ぶ。

20120207_03.jpg

だが、それを上回るルゥの豪力。
発勁は確かに強力だけど、単純に強いのも十分に脅威。

とはいえ、九十九の勝利も見えてきたような感じなのかな。
そろそろ決着がつきそうです。

「四月は君の嘘」はいよいよ迫るコンクールまでの日々。

自分のあり方、自分がどこにいるのかと悩む公生だが、
かをりの言葉が公生の心を解きほぐしていく。

20120207_04.jpg

この2人の距離、交わす言葉はやはり男女というより
音楽家同士という色が強いような気はするけど、
認め合った2人だからこそお互いの言葉を共有できるのかな。
そこには他の誰とも違う特別な絆があるように見えます。

公生は恋愛感情少し多めかもですが^^

いよいよ始まるコンクール。
どんなドラマが待っているのか、楽しみです。

「ましろのおと」は団体戦の結果発表。

20120207_05.jpg

まさに予想外というか大番狂わせというか。
とはいえ団体戦ならではの評価といえば納得もできますね。
梅子の言うように"面白み"という点ではまぁあれですが^^;

同好会の面々も、
自分達の最高の演奏ができたからこそ3位の悔しさは一塩。
勝敗にこだわっていない雪の胸にも今までにない苦しさがあるようで。
その気持ちは雪に何をもたらすか。

次は個人戦。
いよいよ登場する田沼の演奏も楽しみです。


というわけで、月マガは今月号も最高に面白かったです(>▽<)

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2012.02.07 Tue. 22:07 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「マジコ」4巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年10号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/687-d73dd252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。