スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「たいようのいえ」5巻感想 ※ネタばれ有 

「たいようのいえ」5巻読了~。

20120211_01.jpg

パッケージ絵につられてドラマCD付特装版を購入w

なんか1時間弱くらい収録されてる上に、
タアモ先生書下ろしまであってえらく豪華。

基役の中村悠一さんはイメージぴったりでしたわ。
真魚は思ったより女子高生っぽかったw
漫画だともうちょっと幼い感じに見えるからなぁ。。

6巻もドラマCDがつくっぽいのでまた買ってしまうかもです。

さて本編。

自分のことを好きなのかと聞いてしまった真魚。
それに基がなんて答えたのかは、花火の音にかき消されて聞こえず・・・。

20120211_02.jpg

真魚はともかく、基の本心はまだ揺れているようですね。
同情の気持ち、自分の寂しさを埋めるため、1人の女の子として、
どれもが当てはまるような、でもどれだと決められないような。

基もしっかりしているようで、真魚に対する気持ちは持て余している部分が大きいのかな。

そんな基はラジカルさんこと同僚の杉本さんと知らず距離が近づいているようで。

20120211_03.jpg

まだまだ杉本さんの片思いなのだけど、
どんどん積極的になってきてる杉本さんの気持ちが伝わる日も近そう。

基としてはまだそういう気持ちはないようだけど、
告白とかされたらどうなってしまうのか。

そんな大人同士の恋模様がありつつ、
真魚、千尋、織田の三角になれない片思い関係も
ますます片思いな関係を明確化していくという切ない展開に^^;

気持ちを伝えようがなんだろうが、どこもかしこも片思いじゃないですか・・・。
でもその切なさが面白かったりするんですよねw

中心にいる真魚は、恋だけでなく家族関係でも悩みが深いわけで。

20120211_05.jpg

今巻では義理の母との対話があったけど、
対話にもならずに逃げ出してしまう結果に。
自己嫌悪に陥るってことは、自分がどうしないといけないかには気づいてるってこと。

家族に対する気持ちと、基に対する気持ちとで、
真魚が1人暮らしをしようと考えていることは果たして
プラスとなるかマイナスとなるのか予想できなくなってきた感じです。

基がどこまで真魚に対して踏み込めるかがポイントでしょうか?
対抗では大樹が真魚のために何かしそうな雰囲気もありかも。

むしろ真魚を巡る恋愛関係に大樹参戦で、次巻は波乱必至とか?w

それはそれで楽しみですけど^^

最後におまけ感想。

毎回小さいコマでの些細なやり取りが面白い本作ですが、
やはり私としては真魚の料理について触れずにはいられない。

20120211_04.jpg

「ちーちゃんを信じるな」とは基は大切なこと言ったw
真魚は家族のためにもその言葉の意味をきちんと理解して欲しいね。

真魚は料理が上達する日がくるのか。
次巻の料理ネタにも期待してます(`・ω・´)


たいようのいえ(5) (KC デザート)たいようのいえ(5) (KC デザート)
(2012/02/13)
タアモ

商品詳細を見る



CD付き たいようのいえ (5)特装版 (講談社キャラクターズA)CD付き たいようのいえ (5)特装版 (講談社キャラクターズA)
(2012/02/13)
タアモ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.02.11 Sat. 02:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「レンタルマギカ-死線の魔法使いたち-」感想 ※ネタばれ有
「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」1巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/690-e8ebce90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。