スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ワールドエンブリオ」9巻感想 ※ネタばれ有 

「ワールドエンブリオ」9巻読了~。

20120311_01.jpg

過去から戻ったリクとレナ。
分室の仲間達と再び一緒に戦えるのか。
本当の意味で向き合うまでにはまだ時間が必要そうです。

20120311_02.jpg

向き合うのは分室だけでなく学校の友人も。
思えば短い間に色々なことが起こりすぎて、
話さなければならない人、解決しなければならない問題が山積みですね。

その中でも最大級の謎はやはり風間病院でおきた2年前の出来事。
鍵を握っているのが最も近くにいた静流というのは盲点。

20120311_03.jpg

本当の姉妹ではなかった静流と天音。
ロストリバウンドという危険が真実への道に塞がる壁というのが
なんとも酷な状況。
リクの気持ちだけでなく、冬悟の気持ちもあるわけで
お互いの譲れない一線は異なるって可能性もあるのかも。。

嘘をつかないと決めたリクは、
登録予備室での日々を過ごす中で天音の影を七海に見出す。
七海だけでなく、回りの人間に対して自らの心を晒すようになったリクは
強さと弱さが同居している様が顕著になってきてるように見えます。

20120311_04.jpg

リクと七海の関係を誤解してモヤモヤしてるレナとかニヤニヤw
七海の言葉はリクにもレナにもスッと心に届くかのようで、
多くの人と接して得た経験ありきという感じの温かさがありました。
弟の姿をリクに重ねていたという点も、
よりリクには親身になっていたのでしょう。

が、この後の展開はまさかまさかの衝撃の連続。
もっと強く言えば、ショックが強すぎて呆然。

20120311_05.jpg

七海の命を奪った棺殯、その棺殯を従えるネーネ。
見間違えようのないその光景を前に、リクは何を思うのか。

うはぁ、なんかもう堪らない展開になってきましたよ。
作者はどこまでリクに試練を与えるつもりなのか。
ネーネがリクを思う気持ちがどのように変化しているかとかも気になります。
タカオとエンデの登場もあるのかどうか。

次巻すっごく待ち遠しいです、楽しみにしてます。

ワールドエンブリオ 9 (ヤングキングコミックス)ワールドエンブリオ 9 (ヤングキングコミックス)
(2012/03/07)
森山 大輔

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.03.11 Sun. 22:13 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2012年15号感想 ※ネタばれ有
「あまんちゅ!」4巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/709-ffd29cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。