スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「れでぃ×ばと!」13巻感想 ※ネタばれ有 

「れでぃ×ばと!」13巻読了~。

20120414_06.jpg

お嬢様と執事(候補生)の話もついに最終巻。

セルニアからの告白を受けた秋晴と、その告白を目撃した朋美。
思い悩みながらも自分の気持ちを決断した朋美は
バレンタインについに秋晴に告白。
しかもキスと共に。

20120414_07.jpg

大胆な朋美の行動に動揺する秋晴とセルニア。
なんともニヤニヤする展開でした(●⌒∇⌒●)

お嬢様学校だけに朋美の行動は絶大な効果を発揮するのだけど、
秋晴が悩みすぎて体調崩すって展開は違った意味で予想外w
それだけ秋晴が真面目な男だってのもあるのだけど、
それにしてもセルニアと朋美以外の女の子にも振り回され続けるってのがらしい展開。

そもそもとしてセルニアと朋美の前にアイシェからも気持ちを伝えられているんだよなぁ。

20120414_09.jpg

まぁこちらは付き合うとかそういう過程を数段飛ばす勢いですけどw

他にもルームメイトの大地とアレコレあったり、
四季鏡からもアプローチされたりと、鈍感で気づいていないのもあわせると
モテモテな秋晴。
周りが放っておくわけがないですね。

でもって肝心要の告白への返事について・・・、
これは予想に近い内容であるものの、作品として完結するためにも明確な答えが欲しかったかなぁ。
とはいえ、不満に感じるほどでもないのがなんともいえないところw

あとがきで書かれていましたが、作者の中では各キャラ個別エンドの構想はあるようで、
どうにかその結末を世に出して欲しいと切に願ってます。

20120414_08.jpg

個人的に見たいのは鳳ルートと深閑ルート。
ある意味で恋愛感情とは一番遠いヒロインになってるかもですが、
逆にこの2人が秋晴との距離を縮めるイベントは余計に盛り上がったんですよねぇ。
あくまで私の中でですが^^;

とまぁ、個人的願望はともかく、
秋晴の告白に対する返事っていうのはこれはこれで真摯な返事だったなと思います。

かねてより秋晴の中では自分の中での到達点みたいなイメージがあって、
それが見えるまでは恋愛する気持ちになれないってことを言ってましたし、
今回もそのラインへの到達度を測るというイベントもあったしで
秋晴の性格を知っている2人だからこそ納得もできてるみたいですしね。

とはいえ、大地に勝てていたら誰を選んだかってのは凄く気になります。
セルニアと朋美どっちもありそうですからねぇ。。

あ~、だからこそこの先まだまだ続いて欲しい・・・というエンドレスに願望がw
こういう作品こそPSPあたりでゲームで出て欲しいですよ。。
俺妹的な感じで。

ニヤニヤできる作品が終わってしまったことは残念ですが、
とにもかくにも「れでぃ×ばと!」完結をお祝いしたいです。
上月司先生の次回作にも期待してます。
素晴らしい作品をありがとうございました(>▽<)

れでぃ×ばと!〈13〉 (電撃文庫)れでぃ×ばと!〈13〉 (電撃文庫)
(2012/03/10)
上月 司

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.04.14 Sat. 08:07 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「総合タワーリシチ」1巻感想 ※ネタばれ有
「新約 とある魔術の禁書目録」4巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/721-44adbcc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。