スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2012年6月号感想 ※ネタばれ有 

日本一面白い少年誌「月刊少年マガジン」読了~。

20120502_01_20120503014321.jpg

今月はGWってことでちょっと早い発売でした。
表紙は「修羅の門」。

九十九と子明の戦いにも決着。
数手先の必殺を決めるための布石の数々。
どれもが必殺に見えるだけにその攻防は手に汗握るものでした。

20120502_02_20120503014320.jpg

子明の戦い方を見るに、やはり本領は場外戦って感じですね。
ルールに縛られたリング上でもそれに対応した戦いはしそうだけど。。
むしろ気になるのが長恭。
純粋に体術なのか、それとも種があるのか。
このまま戦闘継続なのか、仕切りなおしなのか。
次話が気になります。

「ノラガミ」はひよりをさらわれた夜トが毘沙門に殴りこみ。
かつて夜トが毘沙門の神器を壊滅させたという話の一端も語られ、
いよいよその裏にある真実が明らかとなるのも近そうです。

20120502_03_20120503014320.jpg

暗躍する陸といい野良に好かれる夜トも大変だけどw
このまま陸の思惑通りに事が進んでしまうのかどうか。

「ましろのおと」は大会の雰囲気が奏者に影響を与え始める。

20120502_04_20120503014319.jpg


自分らしくない演奏をしたことで大失敗をしてしまう梶。
だが、そこから自分らしさを取り戻した2本の絃での演奏。
前回の潮の演奏もだけど、自分らしさをぶつけてくる演奏だからこそ
漫画的でもありますが迫力や思いが伝わってきます。

雪も自身の演奏までに色々な思いを感じていますね。
一方他人の音を気にするのが常の中、ひとり影響されない田沼総一郎。
対照的に描かれる二人なだけに、それぞれの演奏が描かれるのが楽しみです。

「四月は君の嘘」もコンクールが盛り上がる。
井川絵見の語る有馬公生。
絵美の人生を決定付けた公生の演奏、それを取り戻させるための絵見の演奏。

20120502_05_20120503014319.jpg

コンクールのための演奏をする公生を否定する絵見の演奏。
果たして今の公生の演奏であれば絵見の心に届くのか。

相座と絵美、2人の演奏に公生がどう応えるのかってが益々楽しみになってきました。

というわけで今月も面白すぎた月マガ。
四月は君の嘘は今月3巻発売記念に、新川先生のサイン会が海老名で開かれるそうですね。
めっちゃ行きたいけど・・・仕事次第だ、うは~微妙。。

とりあえず次号も楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2012.05.03 Thu. 01:54 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「クロス×レガリア」2巻感想 ※ネタばれ有
「ソウルガジェットラディアント」10巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/735-1d2a1ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。