スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「織田信奈の野望」9巻感想 ※ネタばれ有 

「織田信奈の野望」9巻読了~。

20120716_01.jpg

アニメ放送も始まった本作。
どこまでやるんだろうってのがアニメ化に対して一番心配な部分。
従来の武将女体化モノとは一線を画す本格歴史ものな点を重点的に見られることに期待。

さて本編感想。

播磨で窮地に陥る良晴軍団、自失の信奈、そして各地に散らばる織田軍家臣たち。
戦力が分散する中で一人打ちひしがれる信奈の行動が鍵となりそうな中、
今巻も波乱続きの展開でした。

とりあえず表紙めくって巻頭ピンナップの鹿之助が変態すぎましたw

20120716_02.jpg

どうやったらこんな状況になるんだよって思ってましたが、
一応修行風景だったという…。

囚われの官兵衛を救出すべく、英賀のおばばに協力を仰いだ良晴。
官兵衛救出はさすがに正攻法では無理ってことで隠密で。
こういう状況になると改めて忍びの重要性ってのが感じられます。

20120716_04.jpg

そんな修行のかいもあって官兵衛救出は成功。
実際は宇喜多のほうが一枚上手だったのだけど、
そこは良晴の徳が呼び込んだとでもいおう協力者の存在で窮地を脱したと。
天運ここにありって感じでしたが、宇喜多が隠している心根の一旦も見えたりと
戦国時代ならではの戦う理由ってのがここにもありましたね。

一方の信奈だが、松永久秀の謀反の報により状況が動き始める。
今川義元の一喝なんかもあったりと思いがけない出来事もw

20120716_03.jpg

史実であれば死んでる人なのだけれど、
こういう表舞台に出ないとこでは時々すごい力を発揮してくれます。

でもって久秀の謀反、
その実態は信奈につきまとう悪名を一手に引き受けての戦国の世からの退場という
信奈の母のような存在としての優しさと切なさを感じる理由でした。

父のように思っていた道三と母のように思っていた久秀。
どちらも信奈に自分自身の夢や、信奈が強くあるための教えを与え、
それですべてを終えたかのようにこの世を去っていく。
その潔さこそが戦国を生きる武将のカッコよさともいえます。

残された信奈の悲しみも、
乗り越えて強さに変えられると信じているというのもあるのでしょう。

でもってここからが更に熱い展開でした。
久秀謀反の報を受けて、各地に散らばっていた織田軍家臣が京に転進。
信奈が謀反を鎮圧し良晴のいる播磨に向かったと聞けば、全員がそのまま播磨に集結。

20120716_05.jpg

毛利軍5万に包囲された良晴を窮地から救いだした織田軍6万。
誰の指示もなく、だが誰もが主君のためにかけつけたその結束力。
十兵衛ちゃんが良晴の祝言と天秤にかけて迷ってたのはご愛嬌ですが、
計画を先延ばしにしてまで信奈の元に駆け付けたのは結構重要なことだったかも?

さて、これで本能寺の変は解決できたのかどうか。
史実とは異なる流れがあることから、それがいつくるのか油断できませんし、
本能寺の変を回避したからといって命の危険がなくなるわけでもないですからねぇ。
十兵衛ちゃんの忠誠心からして、裏切りの展開は薄いとも思いたかったりもします。

史実からの展開での心配事はまだあるものの、
史実から外れて生き残ってくれた人がいるのは別の喜びがあります。

特に今巻その命を永らえることができた半兵衛。
さらには爆死した久秀が、仙千代の体に魂を同居する形で生きていたこと。
半兵衛も久秀もフィクションならではの裏ワザですが^^;

20120716_06.jpg

もう表舞台には上がらなさそうな久秀とは対象的に、
良晴軍の2軍師としてその手腕をこれからも発揮するだろう半兵衛。
義元に続き、またしても史実とは異なる大きな分岐となったのではないでしょうか。

毛利軍との対決とは別に、国外からやってきた宣教師カブラルの行動や、
突然猫耳尻尾がとれて寺を追い出されたけんにょなど、
宗教絡みの諸問題も浮かび上がってきそう。

国とりに人心掌握、対外関係など、天下人になるための障害はまだまだ多い。
良晴と信奈の主従を超えた禁断の恋愛の行く末も、
このまま素直に結ばれることができるのかって心配も。

次巻はいよいよ10巻、2桁の大台の乗るわけですが、
物語はますます激動の予感。
先の展開が楽しみです。

織田信奈の野望 9 (GA文庫)織田信奈の野望 9 (GA文庫)
(2012/07/17)
春日 みかげ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.07.16 Mon. 16:51 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「はじめてのあく」16巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年33号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

既刊で9巻ですからねぇ…

アニメは出来はいいと思いますが、どこまでできるか期待と不安が半々です。
歴史の改変とか修正力とか個人的に興味ある分野なので(余談ですが、実際の歴史でも「何らかの修正」があったんじゃないというのが私の見解です。根拠は乏しいですが(^^;)、本編自体に期待しています。

…というのが、半分で(笑)
もう半分は、ねねと犬千代が可愛いからアニメは視聴決定しました(爆)
胸なんか飾りです!w
(といいつつも、おっきいのも嫌いじゃない私w)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2012.07.19 12:07 * 編集 *

アニメは安易な結末にはしてほしくないなぁと思ってます。
歴史改変をアニメを終わらせるために使ってしまうのが一番ダメなパターンでしょうか^^;

実際の歴史については、権力者が都合のいいように文献を改ざんするなど歴史の闇が間違って伝わってる可能性はあるのでしょうね。
ある意味では説得力のある考察が歴史になるなんてパターンも?

織田信奈の野望は読んだ後に登場人物や合戦の名前でググってみたりと、
自分の知ってること知らないことを改めて確認したりするのも楽しい作業です。
史実との違いがあるからこそ楽しい作業にもなっている部分が大きいです。

まぁ、最初に買った動機はキャラデザがみやま零さんだったからなのですw
アニメもその雰囲気が出てるので期待してます^^
私は十兵衛ちゃん半兵衛ちゃんの登場を待ってますw

URL | むらちゃん #-

2012.07.21 00:23 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/777-3751a8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。