スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「セキレイ」13巻感想 ※ネタばれ有 

「セキレイ」13巻読了~。

20120725_01.jpg

ついに始まる第四回戦。
神器をかけた船上での戦いと、出雲荘を舞台とした戦いの2面展開。

実質頂上決戦となるのは出雲荘組でしょうか。
東の葦人氷峨率いるセキレイたちを迎え撃つ結たち。

20120725_02.jpg

不意に結が口にした鶺鴒表明。
愛する皆人の元、仲間たちと共に。
いつしか皆が同じ思いを抱いていたけど、それが当たり前と思える今。
それを守るための戦いに挑む。

そして戦闘メインかと思ったのが、南の葦人御子上の登場で
葦人同士のぶつかり合いも。

20120725_04.jpg

なんか御子上がかっこよく見えましたw
しがらみを捨てきれないまま戦う氷峨に対して、
何者にも囚われないありのままの自分で戦う御子上。

楽しんでるだけってのもあるかもだけど、
似たような立場にいながら対象的な2人だけに、
真っ直ぐな御子上の言葉は清々しさを感じました。

氷峨はこのまま引き下がるのかどうか。

一方皆人が乗り込んだ船上の戦い。
こちらはこちらでガチバトルなのだけど、
西の葦人とか瀬尾とか皆人妹とかのノリのせいか若干軽い印象w

20120725_03.jpg

で、こちらの戦いのポイントとなりそうなのは
No.87の鹿火の登場。
結と同じ志を抱く彼女の登場は今後の展開に何をもたらすのか。

もう1つが、ようやく巡り会えたくーと椎菜、
ついでにお互い葦人だとわかった皆人とユカリ。

20120725_05.jpg

セキレイの宿命を考えるとこの出会いは一時的な喜びとなる可能性もあるけど。。
皆人とユカリも共闘するのか、お互いのセキレイを守るため
譲れない戦いを繰り広げるのか。

3つの神器を巡る戦いは早々に3人の勝者が選出されたけど、
勝者以外のセキレイがすべて機能停止になるのかと思いきや、
椎菜や鹿火は無事っぽい様子。

神器に触れたか触れてないかが関係あるのかな?
そしてこの場合、鶺鴒計画として先に進めるのかどうか。

決着がついたようでなにやら中途半端な生き残り合戦になったようにも見える四回戦。
御中の思惑通りなのか思惑を超えた結果なのか、
そして生き残ったのがほとんど顔見知りになったのは
皆人にとって戦いにくい状況なのでは。

自身のセキレイのためにどこまで覚悟をもって挑めるのか。
今回の戦い前に見せた覚悟の程が試されそうです。

次巻も楽しみにしてます。

セキレイ(13) (ヤングガンガンコミックス)セキレイ(13) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/07/25)
極楽院 櫻子

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.07.25 Wed. 22:18 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« ゲーム「ペルソナ4 The ULTIMATE in MAYONAKA ARENA」
「週刊少年ジャンプ」2012年34号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/783-5ca6b8c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。