スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「レンタルマギカ-最後の魔法使いたち-」感想 ※ネタばれ有 

「レンタルマギカ-最後の魔法使いたち-」読了~。

20120809_01.jpg

短編がまだ出るようだけど、ついに本編最終回。
アストラルが取り仕切る協会とオピオンの大魔術決闘もついに決着。

まずみせてくれたのが伊庭司。
影崎を元に戻すために12年を費やして得た秘奥の儀、非想非非想。

20120809_02.jpg

魔法が使えない魔法使いだからこそ至った境地。
そんな司の進む道を作る仲間たち。
旧アストラルの面々だけでなく、
いつきたち現アストラルの力も使って作るその道を行く司。
王道といえば王道だけど、熱すぎました。

黒羽の助けもあって、その姿を取り戻した影崎こと柏原。
思いの結実ここにありって感じで最高のシーンでした。
これまで少しずつ描かれてきた在りし日のアストラルの姿を取り戻せたって感じかな。

第三者の介入がかなり頂上決戦っぽかったけど、
協会とオピオンの決戦も、こちらはこちらで魔法使いの世界を
2分するだけある戦い。

20120809_03.jpg

印象的だったのはタブラ・ラサの言葉。
"私たちは諦めないし、諦めきれない"。
イエソドが言う"世界の誰もに魔法を垣間見せる"こと。

決して表舞台に出ない魔法使い。
発達する科学に反して、非効率から抜け出せない魔法。
表に出ないのではなく、表に出ることを諦めている協会率いる多くの魔法使いに対し、
自分たちの存在を認識させることを諦めないオピオンの思想。

始まりは恨みであったかもしれないけど、
向かうための原動力の大部分はそういった願いが占めていたのかな。

敵であるはずのオピオンの魔法使いたちの生き様は、
刹那的で生き急いでいる感じがしながらも、どこかカッコいいと感じる面がありました。

その後に語られた協会副代表のダリウス・レヴィの生き方も、
なんとも鮮烈で、まさに漢の生き様という感じがしました。

どっちがいいとか関係なく、誰もが自分を誇れる生き方してるなってのがすごい。

で、協会対オピオンという意味では
惑星魔術を発動させたオピオンの勝利ってとこでしょうか。
持ちうるカードの質も量もオピオンが1枚上手でしたね。
影崎に対抗できるサタジットの存在が決定的だったように見えます。

けど、その結末を覆すためにいるのがアストラル。
そしてアストラル社長の伊庭いつき。

レンタルマギカの世界を彩るキャラクターは数多くいますが、
やっぱり主人公であるいつきの成長がこの物語の最大の魅力でした。

その成長の中で、ある意味1つの結実した形として、
アディリシアをパートナーとして選んだシーンは今巻最大の見どころのひとつ。

20120809_04.jpg

自分の気持ちより周りのことを考えるいつきが
めずらしく見せたわがままな姿。
その気持ちが示す意味を誰よりも理解できた穂波。
それを受けて決意を固めるアディリシア。

フィンとの最終決戦は1対1かと思っていたけど、
いつきが手に入れた力はそういうものじゃなかったじゃないかと、
なんか改めてこの物語から得るべきものを再認識させられました。

20120809_05.jpg

とにもかくにも最高の最終決戦。
いつきがフィンの元に至るまでの過程からして鳥肌もの。
辰巳の「もう一働きってことだろ」って言葉が無性に胸を打ちました。

アディリシアとの誓いはニヤニヤとか熱さとか、
穂波の気持ちへを考えての切なさとか、
未来への希望や不安とか・・。
もうなんか色々な気持ちがよぎっていくようなシーンでした。

なんか、すごいとか熱いとかそんな気持ちが次々湧き上がる最終巻でした。

信念と信念のぶつかり合い。
誰もが自分が望んだ道を進もうとあがいて歩んだ道のり。
その先は誰もが幸せな道ではなかったとしても、
思いは受け継がれていくのだと信じることができる。

できればこの戦いの後のいつき達の姿をもっと見たい。
ってことで、この後出る短編にはすごく期待してます。

最終巻なのに取り留めのない感想になってしまいましたが、
これまで積み上げてきたものが何ひとつ無駄にならず、
全てこの時のため、そしてこれから先のために存在しているのだと
感じることのできる最高の終わり方でした。

三田先生、最高の作品をありがとうございます。
短編は蛇足ではないと信じて待ってますw

レンタルマギカ  最後の魔法使いたち (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ 最後の魔法使いたち (角川スニーカー文庫)
(2012/07/31)
三田 誠

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.08.10 Fri. 00:04 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「アクセル・ワールド」12巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年36・37号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

主人公の名前はいつきであります。
司は父親のなまえであります。

URL | abaus #-

2012.08.10 20:55 * 編集 *

直しておきます><

URL | むらちゃん #-

2012.08.10 22:58 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/790-b140929a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。