スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「アクセル・ワールド」12巻感想 ※ネタばれ有 

「アクセル・ワールド」12巻読了~。

20120811_01.jpg

現実も加速世界も動きが多かった今巻。
重大な伏線が解き明かされ興奮、
女の子たちとの関係に違う意味で興奮な面白すぎる内容でした。

まず序盤はウルフラムの戦いの結末。
といっても、三つ頭の獣ケルベロスの名の通り
3つの人格と、それぞれの特性を持つってのがわかったくらい。

加速研究会との繋がりを示唆する発言なんかもあったりしますが、
ハルユキ的には憎めない相手という感覚な様子。
ウルフラムとは終盤でも一戦交え、こちらは次巻へってことになりますがw

で、その後は<理論鏡面>を得るために無制限中立フィールドで特訓な展開。
そこで待っていたのはおいしそうなアバター、ショコラ・パペッター。

20120811_02.jpg

彼女のギルドの問題がISSキット問題へとつながっていて、
更にはタクムにISSキットを渡したマゼンタ・シザーが登場したりと、
ここでも加速研究会問題は切り離せない展開に。

それだけ加速世界に加速研究会の手が広がっているってことでしょう。

見どころある展開の数々で、クロウも<理論鏡面>とはいかなかったけど
<光学誘導>という新アビリティを獲得したりしました。

だが、最大の見どころはショコラをペロペロするシーンでしょう(`・ω・´)
無制限中立フィールドってことで、アバターを通じて受ける感覚もより現実的。
そう考えるとなんともエロいw

アバターコンテストのキャラなので、ゲスト扱いなのかもですが、
これで消えてしまうには惜しいほど魅力的なキャラでしたね。
再登場希望したいです。

てことで、<光学誘導>を手に入れたことで
ミッドタウン・タワー攻略の糸口が見えてきたけれど、
現実世界は近づく梅郷中学文化祭への展開が色々。

まずは綸を文化祭に誘うという、
ハルユキは綸の気持ちを知ってこういうことするあたり結構罪作り。

20120811_03.jpg

大人しめな性格の綸だけど、ハルユキに対しては結構大胆な行動が多く、
今巻でもハルユキに当てた指を、自身の唇に当てての間接キスを披露。
ある意味綸の行動も罪作りですね^^;

自分のレギオンの拠点ともいうべき学校に、
他レギオンの人間を招くというのには色々とあるようだけど、
この場合は、加速世界よりも現実世界での女性関係で波乱の予感。
いやー、なんとも楽しみですがw

真面目な意味での危険も孕んでいるので、こちらはこちらで要注意ですね。

文化祭対策の流れで、マゼンタ・シザーから受け取ったISSキットに
先代赤の王の紋章が刻まれていたことから、
話は黒の王による初代赤の王全損事件の真実が語られることに。

20120811_04.jpg

物語の起点であり、終着点にもつながるであろうこのエピソードの真実は、
ずっと黒雪姫の胸の内に秘められていてようやく明かされたことで
これまで伏線となっていたことから、この先起こりうるだろうことなどが
いくつか見えてきた気がします。

いくつもの傷を抱えた黒雪姫の心の弱い部分は今後も見えてきそうで、
それは戦力的な意味での弱体を招くことも予想されそう。
そういう時に、ハルユキが、そしてネガビュのメンバーがどういう行動を取れるかが
試される展開もあるのかも。

そんな主人公ハルユキは、仲間だけでなく加速世界を生きるアバターとの絆も大切にする男。
ウルフラムとの3度目の対戦は、純粋な対戦をしたいが、
何らかの枷に囚われる彼を救うことができるかどうか。
加速世界のあるべき姿を信じて大切に思うからこそのハルユキの行動が
実を結ぶ結果となるといいのだけど。

最高のタイミングでカッコよく再登場のアクア・カレントに大注目な次巻となりそうで
こちらも楽しみです。

そしておまけ?エピソードな空色の翼。

レイカー師匠と黒雪姫とのお泊りきゃっきゃうふふな話でしたw

20120811_05.jpg

黒雪姫がいる横で、自分の足を触らせるフーコがさすがの一言。
それに至る過程は至極真面目な話だったのだけど、
途中からは完全に悪ノリですよねw
ハルユキがここでもその変態性を発揮してくれました。

フーコが黒雪姫をからかう構図はやはり面白いですね。
ハルユキへのヤキモチとか、
この年上2人は似た者同士なコンビネーションも最高です。

とりあえず巻頭ピンナップのフーコは完全にハルユキを陥としにきてますよね。
話の中ではここまでじゃなかったように思うのだけど^^;
なんかもう一気に妄想が爆発してしまう一枚ですw
ごちそうさまです(`・ω・´)

そんなこんなで物語的にすごく重要な話がいくつもあったのに、
結局はハルユキモテすぎだろコノヤローな印象が強く残った今巻でしたw

シリアスながらも熱い展開で次巻に続いたので、
早く次が読みたくて仕方ないです。

ってことで、川原礫の続刊情報。

アクセル・ワールド13巻は晩冬ってことで、ギリギリ年内になるか?
ソードアート・オンラインは10月10日。
安定の刊行予定ですね。

どちらも楽しみにしてます。

アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫)
(2012/08/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.08.12 Sun. 01:44 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「ジャンプNEXT!」2012年夏号感想 ※ネタばれ有
「レンタルマギカ-最後の魔法使いたち-」感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/791-4f702bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。