スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「宮田書店へようこそ!-水あさと短編集-」感想 ※ネタばれ有 

「宮田書店へようこそ!-水あさと短編集-」読了~。

20120825_01.jpg

水あさと作品は「デンキ街の本屋さん」しか読んだことないので、
せっかくだからこの機会に他の作品も知りたいなぁと。

本書には同人作品から商業作品まで両方入ってますが、
作者の魅力が感じられる作品が揃っていたと思います。

感想はピックアップして。

まず表紙のシチュエーションが気になった「帰れない二人」。
"ストーリーの有りそうな一枚絵"をきっかけに起こした作品というのは
聞いてなるほど~という感じでした。

ちなみに卒業式の告白ってもったいないですよね。
恋人同士として過ごす学生生活とか魅力満載なのですよ。
実って良かった恋でも、もっと早く伝えていればもっとよかったはず。
そんな切なさも感じられました。

「ファミレスの住人」は男女間の友情とかそういうのと考える間もなく、
会話の中での突然の告白。
これはこれで面白いシチュエーションです。
どこまで本気が伝わるかというリスクもありますね。

20120825_02.jpg

本作は本気と笑いの中間というか、この男女3人の関係が感じられる会話が面白い。
告白されたアイがすごいテンパってたけど、
意外と余裕あるんじゃないか?みたいな会話や行動がツボでしたw

ファミレスネタも散りばめられてたのもポイントです。

表題となった「宮田書店へようこそ!」は
ヒロインのまこと、強面のタケオの書店ラブコメ。

20120825_03.jpg

「デンキ街の本屋さん」の原型となった作品てことで、
書店員の仕事の話とか、店を盛り上げようみたいな展開。
一般書店が舞台なのでデンキ街~ほど濃くはないけど、
メロン積みとか出てきたりと必殺技?も炸裂。

恋愛というより、好きな作品を共有したい人という気持ちが強かったけど、
一生懸命なまこと、不器用なタケオのやりとりはニヤニヤしてしまいました。
タケオ怖すぎたけどw

「デンキ街の本屋さん~みかんBOOKSの場合~」は、そのまんま番外編ですね。

20120825_04.jpg

さすがにこれは色々な意味で濃かったw
とら、みかんときて、まだまだ色々な店がありますが、
どこもかしこも濃いキャラ揃ってるんでしょうね^^;

天空の城積みとか実際にあったというのがまた驚きなのですが、
それを一瞬で崩す快感のほうを私は味わってみたい(`・ω・´)

というわけで、恋愛も笑いもこなせる水あさと氏。
絵の魅力もさることならが、シチュエーション作家でもあるようで、
連載だけでなく短編もこの先まだまだ読んでみたいですわ。

満足度の高い一冊でした。

宮田書店へようこそ!  水あさと短編集 (フラッパー)宮田書店へようこそ! 水あさと短編集 (フラッパー)
(2012/08/23)
水あさと

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.08.25 Sat. 15:47 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2012年39号感想 ※ネタばれ有
「カナクのキセキ」5巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/802-b90fb12d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。