スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2012年40号感想 ※ネタばれ有 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。

20120903_01.jpg

表紙は「ブリーチ」。

感想は定番で。

まずは「ニセコイ」。
前回が小野寺のターンだったけど、今回はツグミのターンですね。

20120903_02_20120903222618.jpg

ツグミの場合どうしてもドタバタしてしまうけど、
だからこそ1人きりになったときの思考が乙女すぎて堪らないです。

何気に楽の質問の反応にドキドキしてる千棘もポイント高かったですね。
千棘は確実に楽のことを意識しているのが丸わかりですが、
この徐々にたまっている楽へのモヤモヤ感がどこで爆発するかってのが楽しみで仕方ない。

あと小野寺はもっとこう、楽を攻める姿勢が欲しかったですよw
胸の話はそれはそれで面白い反応でしたが。

マリーは普通に可愛かった(●⌒∇⌒●)

「めだかボックス」はいよいよ不知火の里へ乗り込み。
再び登場のかませ犬にはりきる安心院さんとかデジャヴw

20120903_03.jpg

肝心の不知火だけど、めだかの影武者を演じていたということを証明するかのごとく
言動や行動は依然の不知火とは別人のようです。
それでも、人吉を侮辱されたときに出た怒りは、
箱庭学園にいたときの不知火の戻れる可能性を示しているのかな。

あとドッペルゲンガーズってこれまたすごいかませ犬臭がするのですがいかほどかw

「恋染紅葉」は小鳥の空回りっぷりを披露な前半と、
ついに自分の恋心に気づいた紗那という後半。
小鳥の登場とはあまり関係なく、紗那が気持ちに気づいたのがちょっと笑ったw

20120903_04.jpg

とりあえずナナの行動は私の想定外だったかな。
ナナがどこまで本気で翔太を好きでいるかはわからないけど、
そういうのとは関係なく裏表のない素直なナナの言葉が、
紗那が気持ちに気づくきっかけとなった形になりましたね。

そんな2人を相手に策を弄する小鳥ですが、
果たしてどんな結果をもたらすのか。

というわけで今週も面白かったジャンプ。
「パジャマな彼女。」がついに最終回となってしまいましたね。
特に挽回したり、次に期待できそうな場面もなく終わってしまったのは
ちょっと残念な気がしますが、次回作で頑張ってもらいたいです。

次週から新連載が始まりだすようで、面白いのがあるといいなぁ。。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2012.09.03 Mon. 22:51 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 漫画版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」1巻感想 ※ネタばれ有
「クロス×レガリア」3巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/809-6b64b3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。