スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「新約 とある魔術の禁書目録」5巻感想 ※ネタばれ有 

「新約 とある魔術の禁書目録」5巻読了~。

20121010_06.jpg

前巻でサクっとやられてしまった当麻だけど、
気づいたら学園都市にいたんだぜって感じでスタートな今巻。

だが、気づいたときにはもう次の戦いは始まっていたという。。

てことで、次なる戦いはグレムリン対オッレルス達。
当麻の右手の力の秘密なんかも意外とあっさり明かされましたね。

20121010_07.jpg

歪んでしまった世界を元に戻す力といっていいのかな。
世界を変えようとしているグレムリンにとって、
その力は保険でもあり、脅威でもあるといった感じ。
オッレルスにとっての重要度はいまいちわからなかったですけど、
同様に保険として考えているのかな?

とはいえあくまでオッレルス視点での話。
あっさりと明かされただけに、実はもっと違う側面もあるのでは?なんて気もします。

魔神クラスには真正面からは通用しないことは前巻で証明されてしまいましたし、
ここからの逆転は"幻想殺し"の力だけでなく、
当麻自身の行動原理なんかが底力となるのかも。

てことで今巻はただ動くだけでは立ち行かないことを思い知らされた当麻を
試すような展開が訪れることに。

それが『窓のないビル』に囚われたフロイライン=クロイトゥーネの救出。
グレムリンのトールが組織を裏切ってまで救おうとしている人物であり、
グレムリンとオッレルス達が双方狙っている重要人物。

20121010_09.jpg

顔もみたことなく、ただ利用されることがわかっているという。
今までの当麻であれば、それだけで助ける理由には十分だったけど、
トールの話を聞いてもその結果何かが起き、
誰かが傷つくかもしれないことを恐れてしまう。

仕方ないし当たり前の考え、だけど当麻らしくない考え方。
理想を押し付けられた正義の味方といったところだけど、
そうであったからこそ今まで戦ってこれたし、
当麻に関わって変わってこれた人物もいる。

トールがそこまで当麻を買っている理由も、
もしかしたら敵ながら憧れていた部分があったのかもなぁなんて思いますね。
魔術師のくせにあえて殴り合いをするあたり、
意外と熱血なのかもw

色々とありましたが、動き始めれば当麻は突き進むのみ。
フロイライン=クロイトゥーネの解放、
グレムリンとオッレルス達の誘導と比較的順調な展開かな?
バードウェイとの対峙では思わぬ重症となった点はピンチですが。

フロイライン=クロイトゥーネの謎の力への対抗策がまだ見えないこと、
グレムリンとオッレルス達からどうやってフロイライン=クロイトゥーネを
守り抜くのかということ。
そのあたりはトールが策を用意してるのかな?
トールがどこまで当麻と共闘するかってのもポイントとなりそうです。

そしてメインルートと交錯しそうな数々の登場人物も、
各自各所で色々な動きを見せてくれました。

フロイライン=クロイトゥーネを巡っては、
ラストオーダーとフレメアが関わってきた時点で、
一方通行と浜面登場への布石が出来たかなって気がします。

麦野を中心としてアイテム絡みでは、
フレンダ復活が驚愕の展開すぎましたねぇ。。

20121010_10.jpg

真っ二つにされたはずの人が再登場とか、
不死身の麦野ですら驚くのも当たり前w
とりあえずは本物のフレンダなのか?ってあたりまだ疑ってますけど、
どうなんでしょうか。

学園都市の暗部だと、また木原あたりが関わったりしてたり?
垣根提督の例もあって、体の一部さえ残って入れば復活できるとかだと怖すぎますがw

意外な人物の復活という点ではサンドリヨン再登場も驚き。
っていうか、ここで再登場して今の戦いにどう入ってくるのか。
重要視されてなかった人が大活躍って展開だと面白くなるかもです。

一方残念なのが御坂美琴。

20121010_08.jpg

いやもう、美琴は新約になって、
いよいよ真ヒロインの立ち位置とか思っていたのが今や過去の出来事。
すっかり定位置に戻ってしまいましたね。
まぁ、インなんとかさんよりはマシかもですけど^^;

とはいえ戦いの舞台は学園都市。
近くにいるだけ、まだまだ置いてきぼりと判断はできませんし、
どこかで活躍できることに期待してます。

そういう意味ではインデックスの力は、
魔神相手だからこそ必要な気もしますけど・・・活躍できますかね?w

というわけでいつもよりページ数が少なめだったにも関わらず、
情報量は格段に多かった今巻、非常に面白かったです。

学園都市が舞台だと、登場人物が色々なところで交錯し、
それが一つの道に収束していく展開が読んでいてわくわくしました。

しかもまだまだ中途で次巻へ続くってことで、
今巻ではまだ関わり合いがない3人の主人公が、
どこかで一つになるのか、それぞれの戦場で戦うのかって点も注目してます。


新約 とある魔術の禁書目録(5) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録(5) (電撃文庫)
(2012/10/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.10.10 Wed. 20:34 -edit- Trackback 0 / Comment 10

△page top

« 「ロウきゅーぶ!」11巻感想 ※ネタばれ有
「あまんちゅ!」5巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

僕も読了しました!(^^)!

ページ数が少なかったのに、とってもおもしろくて大満足です
早くも新約6巻が楽しみです。

フロイラインを追うトールとていとくんのバトル展開に期待(^_^)/
そこに打ち止めを助けるため一方通行が乱入したり・・・!?

URL | #Jd8xHZ8E

2012.10.10 23:41 * 編集 *

一方通行と垣根提督の再戦があったら熱いですね。
なんか色々超越しちゃった感じのある2人なだけに、
限界突破しちゃいそうですw

トールの実力が未だ未知数なのが怖いところですが。
戦闘専門でないのにあれだけ戦えたマリアンに対し、
戦闘専門のトールって時点でなんかもうどんだけ強いのかって感じで。

やっぱり次巻はバトルに期待大ですね。

URL | むらちゃん #-

2012.10.11 23:29 * 編集 *

やったああああああああああ!

垣根復活ーーー!!!!!!!!!!!

美琴どうしたんだよぉーーー!!!!!!!

上条さん好きだなやっぱ俺

URL | #-

2012.10.12 00:15 * 編集 *

フロイランじゃなくて、フロイラインだよ!

URL | #-

2012.10.12 14:44 * 編集 *

名前ミスは毎回どっかでやってまいますわ(´・ω・`)
直しておきます。。

URL | むらちゃん #-

2012.10.12 21:53 * 編集 *

発売してたのかよ!買ってくる

URL | #-

2012.10.15 02:25 * 編集 *

この作品は出遅れてもいつでも本屋に積んであるのがいいところ。
人気作品ならではですね。

URL | むらちゃん #-

2012.10.15 23:49 * 編集 *

発売日に買いました^^*
おもしろかったー!
6巻待ち遠しいです

URL | #-

2012.10.24 01:00 * 編集 *

毎巻ごとに続きが気になる終わり方しますよね。
刊行ペースが安定しているってのがファンにとって一番の安心材料です^^

URL | むらちゃん #-

2012.10.24 23:36 * 編集 *

つまんねー感想文
まあ新約自体つまんねーししょうがねーか

URL | #-

2012.11.12 00:33 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/826-88bf899b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。