スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「アイドルマスター2-The world is all one-」2巻感想 ※ネタばれ有 

「アイドルマスター2-The world is all one-」2巻読了~。

20121028_01.jpg

春香、雪歩、響のユニットSprouTをメインとするアイマス漫画待望の第2巻。

黒井社長からライブの照明の主電源を落とすよう指令されたプロデューサー。
彼が行動を迷う間に、機材が転倒した際の配線切断により、
結果的に照明がおちるトラブル発生。

戸惑うSprouTだが、その窮地を救ったのは竜宮小町の面々。
先輩の面目躍如というか、こういうとこで経験の差が出ましたね。
頼れるあずさとかなんか意外感w

20121028_02.jpg

竜宮小町の活躍と、裏方の奔走もあって無事ライブを乗り切ったけど、
このライブで力不足を知ったSprouT。
いよいよ決断の時が近づいていることを感じるプロデューサーも含め、
まさに大きな舞台を乗り越えてひとつ次の舞台へシフトした感じのエピソードでした。

そして思い通りにいかない黒井社長が秘蔵っ子のJUPITERを引き連れ、
ついにSprouTの前に登場。
嫌な感じの揺さぶりをかけてくるところを、一旦は跳ね返すも、
不安な場面でSprouTとプロデューサーがすれ違ってしまったことから事態は不穏な方向へ。

そんな予感はプロデューサーが961プロの人間だと
最悪な形で伝わってしまう結果を招く。

20121028_03.jpg

説明も謝罪もできないままその場を飛び出すSprouTを追いかけることもできず、
961プロにはすでに居場所がなく、
765プロは事態を理解してくれたものの、
信頼を裏切ったことへの罪悪感からSprouTのプロデュースを続けることを迷う。

もっと早く961プロを離れていれば、
ここまで酷くならなかったのかなとも思うけど
そのためには765プロに事情を話す必要もあったのだろうし
ずるずる来てしまったという感じでしょうか。
最初から説明すればよかったという問題でもなく、
タイミングが難しいとこですが・・・。

顔を見せないプロデューサーと、落ち込むメンバー。
そんな状況を打開したのは、一番意外な人物かもしれない雪歩。

20121028_04.jpg

プロデューサーのこれまでの仕事から、自分たちを守ってくれていたことを感じ、
単身プロデューサーに戻ってきて欲しいと自分の気持ちを打ち明ける。

雪歩にとってSprouTはそれほど大切な存在であり、
プロデューサーへの信頼も自分が思うより大きいものであったということで。
2人のやり取りや表情とか、すごく印象的でグッとくるシーンでした。

春香と響もすんなりとはいかないまでも
プロデューサーの存在の大きさと、自分たちに向ける気持ちを感じて
再び受け入れる気持ちが出来た様子。

ただ春香だけは少し複雑な気持ちを持っているようですね。
雪歩が一人でプロデューサーを連れ戻し、
響は自分を助けてくれたことで、もう裏切らないことを約束して仲直り。
春香だけは自分の気持ちをプロデューサーに伝えていないままなので、
その辺りでもやもやしているのかなぁと思いますが。。

築いた信頼を失い、再び取り戻すこととなった今巻。
今度こそ何のしがらみもなく本当の信頼を築いていくことができるか、
そしてIA大賞ノミネートのためのステップアップを続けることができるか。

ここから先が真の本番という感じです。

さて、もいっこ感想でEX話には千早と高音をゲストに
教育番組のお仕事の風景。

765プロでも扱いづらい2人なのだけど、
特に千早の自己紹介でのビクりっぷりがひどすぎましたw

20121028_05.jpg

内容のほうは子供向け番組で実にほのぼのとしているのですが、
あれ、本当にこんなグダグダで番組として成り立つの?みたいな感じでしたけど^^;
とりあえず動物と遊ぶコーナーのみんなの着ぐるみ姿が可愛かったです(●⌒∇⌒●)

こういう単純にお仕事風景を描いた話も
キャラクターの個性を発揮しつつポイントを抑えた面白さもあっていいですね。
本編はどんどん進んでいっていますが、
幕間的にただお仕事してる話っていうのを入れてもいいのかもなんて思いました。
EX話を続けてくれるっていうのなら大歓迎ですがw

というわけで1巻の時以上に好きになってしまった本作。
話も面白いし絵のクオリティも下がらないしで満足度高すぎました。

シャイニーフェスタも出て、アイマス関連の書籍もドドっと発売されて
今月はなんかアイマス力が急上昇される月ですね。

2度3度読みしつつ、その力でシャイニーフェスタを頑張りたいと思います(>▽<)

アイドルマスター2 The world 2 (電撃コミックス)アイドルマスター2 The world 2 (電撃コミックス)
(2012/10/27)
バンダイナムコゲームス

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.10.28 Sun. 23:42 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2012年48号感想 ※ネタばれ有
「ディーふらぐ!」6巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/838-e562994e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。