スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「長門有希ちゃんの消失」5巻感想 ※ネタばれ有 

「長門有希ちゃんの消失」5巻読了~。

20121123_01.jpg

1週間ぶりに本屋に行ったら1万円消失しました。
年末の購読作一斉発売とか毎年の恒例行事みたいなものですw

とまぁいらない前置きになりましたが感想を。

キョンに告白した長門の気持ちは、
キョンの中だけのものになるかと思ったけど
長門の頭の中ではきちんと対話がなされていました。

20121123_02.jpg

どちらも同じ長門であって、全く同じ長門ではない。
同じ相手に同じ感情を抱いていても、それぞれ違う長門の感情。
複雑だけど、わかるというか理解したいその差ってとこですね。

元に戻った長門と朝倉のやり取りもそういったもので、
長門自身の気持ちも、周りの人間の気持ちも、
今回の出来事を経てそれぞれの気持ちの揺らぎが発生した様子です。

というわけで、後遺症とも言える程の影響を残すのは
告白されたキョン。

意識してしまうのは仕方ないですよねぇ。。
少しずつすれ違ってしまっていく2人の様子はもどかしいですが。
朝倉の助言もあり、自分の気持ちばかり考えて、
長門のことを考えてなかった自分に気づくキョン。

20121123_03.jpg

花火の音にまぎれた告白とかちょっとドラマチック。
ただ、キョンの偽らざる気持ちなのだろうけど、
嫌いになるはずないから好きになってると思うっていうのは
微妙に中途半端ですね^^;

長門だけを見続けていったらという前提の話のように聞こえるので、
それだけじゃなければずっと嫌いじゃないままってこともあるわけで。
まぁ、キョンの気持ちは確実に長門向きなのでしょうが。

そんなキョンの気持ちを揺るがしかねないのはやはりハルヒ。

20121123_04.jpg

校庭に宇宙へのメッセージを一緒に書いた中学生の七夕の出来事。
キョンが覚えていなくても、ハルヒにとっては大切な記憶。
ハルヒがキョンに抱く気持ちが恋愛感情かはわからないけど、
特別な気持ちであると言えるでしょう。

さらにはキョンの中学時代の友人、佐々木の登場で物語は新展開へ。

20121123_05.jpg

原作でも彼女の存在は不思議といか奇妙というか、
何と言っていいかわからない立ち位置。
合同文化祭だけの登場なのか、恒久的な登場なのかが気になりますが、
まずはキョンとの関わり方、キョンと佐々木の関係を受けた周りの反応が気になります。

本作ならではの佐々木に大注目したいところ。

というわけで、キョンと長門の関係が一旦落ち着いたところに
次の爆弾投下で、次巻も目が離せそうにありません。
楽しみにしてます。

長門有希ちゃんの消失 (5) (カドカワコミックス・エース)長門有希ちゃんの消失 (5) (カドカワコミックス・エース)
(2012/11/22)
ぷよ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.11.23 Fri. 21:16 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」7巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年51号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/849-9f423a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。