スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「WORKING!!」11巻感想 ※ネタばれ有 

「WORKING!!」11巻読了~。

20121125_07.jpg

今巻は初回限定特装版でことりちゃんのねんぷち付が発売。
しかし伊波さんや山田でなくなぜことりちゃんなのか。。

20121125_08.jpg

種島と同様出来がいいです。
可愛い・・・ことりちゃんだけどw

さて本編感想。
とりあえず山田問題がなんか解決しました。
ついでに音尾さんの奥さんも帰ってきましたw

20121125_09.jpg

山田母との擦れ違いは、母親が口下手でまともな会話ができないせいっぽい。
たしかに取説が必要な母親とか嫌すぎますがw
とはいえ、母親が憎いわけではなく、
お互いの歩み寄りをもって和解できた様子。

で、山田の本名は何かってのが気になるけど、
山田は永遠に山田のままで通すのかな。

なにはともあれ、山田の家出が終結してけど、
ワグナリア的には何も変わらずなことはよかったと言っていいでしょう。

というわけで、何事もなかったかのようにワグナリアは平常運行に戻りますw

そう、ワグナリアはあっちもこっちも恋愛問題がいっぱいなのです。
そしてそれを見つめる生暖かい目もいっぱいw

20121125_10.jpg

片思いしている4年間のプレゼントを、
誕生日を聞いて、今年まとめて全部渡せたという佐藤のヘタレっぷり。
4年間何をしてたんだとw

まぁ佐藤と八千代は今更なので、周りの目も優しい感じですね。

一方宗太の伊波への感情は、認めればいいだけなのが相変わらず。
次第に周りの人間を巻き込んで忙しいことを理由にしだすという
なにやらよくない感じになりそうでしたが、
峰岸の容赦ない一言が事態を変えることになるかどうか。

20121125_11.jpg

変態だけど自分の気持ちに正直な峰岸ならでは・・・と褒めていいかはわかりませんがw

で、宗太が言い訳に使ってしまった姉たちだけど、
一枝は峰岸と復縁し、
泉は不純な動機で自分のことを自分でやるようになり、
梢もなんだかしっかりしだしてきたしで、
言い訳に使えなくなりつつあります。

20121125_12.jpg

そこにきて母親帰還ってことで、
小鳥遊家はこれまでとは違う宗太頼りの生活から抜け出す方向に動くのか。

宗太も認めたくないだけで、
一度認めてしまえば伊波に気持ちを伝えるまではすぐって気もしますし、
もしかしてここから2人の恋は一気に加速する可能性も?

何やら諸問題が諸々解決の方向に向かってくると、
いよいよクライマックスが近い雰囲気が漂い始めますね。
あとがきで次の巻が最終巻ではないと作者が言っていますが、
どこに終着点を置くかは決めているってことでしょうか。

とにもかくにも次巻は大きな山場となりそう。
楽しみにしてます。

WORKING!!(11) (ヤングガンガンコミックス)WORKING!!(11) (ヤングガンガンコミックス)
(2012/11/24)
高津 カリノ

商品詳細を見る


WORKING! ! (11) 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)WORKING! ! (11) 初回限定特装版 (SEコミックスプレミアム)
(2012/11/24)
高津 カリノ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2012.11.25 Sun. 18:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2012年52号感想 ※ネタばれ有
咲-saki-阿知賀編」4巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/854-5c1b512f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。