スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「冴えない彼女の育てかた」2巻感想 ※ネタばれ有 

「冴えない彼女の育てかた」2巻読了~。

20121128_01.jpg

メインヒロイン育成コメディ第2巻ってことで、
今巻のメインは現役女子高校生ラノベ作家の霞ヶ丘詩羽。

倫也と恵の熱意?のかいあって、
正式にサークル参加となった英梨々と詩羽。
それぞれ同人の世界と出版の世界で実績を残しているだけに、
その制作スタイルはまさにプロ。

20121128_02.jpg

とまぁ、いい意味でも悪い意味でもクリエイターな2人。
特に詩羽の豹変っぷりが普段と凄いギャップでした^^;
作品の登場人物が憑依してるって感じでしたね。
日常のストレスを発散しているようでもありますがw

ところが順調におもえた作業もそれぞれがある地点で手が止まることに。
英梨々は恵のムッとしたときの表情を描くこと、
詩羽は倫也がシナリオの展開に待ったをかけたこと。

それぞれ違う理由で進捗が滞ったのに、
この後の展開で見事に2つの問題が解決するわけですが、
ニヤリとするにくい演出でしたねぇ。。

詩羽のシナリオに待ったをかけたけど、
その明確理由を出せなかった倫也。
それを打開したきっかけは恵とのデート。

20121128_03.jpg

自分らしさを貫きつつも、
状況に合わせた行動で恵を最大限楽しませた倫也。
大成功なデートでメインヒロインの好感度アップなイベントなのに、
目的を達したことをはずみに、デートを切り上げ詩羽の元へ走る倫也。

ええ~みたいな気持ちを受けたものの、
こういうところが倫也らしさ。

恵もそれがわかっているからこそなのか、そもそもの性格なのか
普通に綸也を送り出すとか、この2人の距離はこれ以上縮まらないのかと思いきや、
不意に登場の英梨々が感じ取った恵のムッとした瞬間。

英梨々の指摘を完全に否定もできない恵とか、
倫也のいないとこでのこういったヒロイン同士のやり取りはまさに丸戸節。
恵の気持ちが着実に倫也に向かっていることがわかる会話でしたね。

一方詩羽の元へ駆けつけた倫也。
1巻では匂わせただけだった2人の出会いや、その後の関係、
距離を置くこととなった出来事などが明かされました。

会う度に距離を近づける2人だが、
あくまでファン越えられない一線があると考えた倫也と、
その垣根を越えて作品から気持ちを伝えようとした詩羽。

詩羽からしてみれば切実な行動だったのを突き放された形。
それを察することが出来なかった、
もしくは察して一線を越えようとしなかったのどちらかでしょうが、
倫也がヘタレたと言うしかないですねぇ。。

まぁ、なんだかんだ再び倫也の力になろうとする詩羽は
惚れた弱みといったとこでしょうか。
こんなとこも丸戸ヒロイン臭ムンムンで、たまりません^^

20121128_04.jpg

最後の最後でツーショット写真の罠での仕返しは痛快でしたw
ヘタレ主人公はもっと周りの人間の気持ちに敏感になれってことですよ。

とはいえ、倫也はやる気は常にある人だし、
人の気持ちに鈍感なのはマイナスとしても何事にも一生懸命で憎めない人間です。
どう見てもバラバラなサークルが一つ方向に進めるのも
倫也が推進力となってこそ。

…サークル内恋愛相関図の凄まじさをどうするかが最大の課題ってことでw
本作の見どころもまさにそこですしね。

サークル活動としても成功をおさめるために団結しつつ、
恋愛では妥協をしない女の戦い+ターゲットの男1名。
あと何回修羅場があるのかがすごく楽しみですw

各ヒロインとの過去からの関係も一通り明かされ、
恵の気持ちも恋愛方向へのシフトが見受けられるようになり、
いよいよここからが物語として新たな展開となるのでしょうか。

次巻も期待してます。

冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)
(2012/11/20)
丸戸 史明

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2012.11.28 Wed. 23:00 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「新生徒会の一存」1巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2012年52号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/856-a5784c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。