スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「君に届け」18巻感想 ※ネタばれ有 

「君に届け」18巻読了~。

20130127_01.jpg

クリスマスイブの夜、すれ違っていた2人の関係も
目を合わせ本音を話すことで向き合うことができた爽子と風早。

風早が爽子と距離をとっていたのは、
やはり自分の気持ちが暴走してしまうのが怖かったってことですかね。

20130127_02.jpg

人と付き合うときに、表には出さない自分を知られるリスクってのがありますが、
彼氏彼女となると、どこかで本音をぶつけないといけないときはあるのでしょう。
爽子と風早の場合、まずは言葉で、
行動としてはこれから本当に意味でお互いを知っていくのかな。

何はともあれ、すれ違いの日々に終止符となったのであればよかったです^^

さて明けてクリスマス。
イブの夜にあったことの報告会といった体で黒沼家に集合した女子3人。

20130127_03.jpg

それぞれが問題を解消して安定モードに入ったといっていいでしょうか。
あやねとちづはこれから状況に慣れていくという感じですが。

爽子とあやねは、自分の問題もありながらちづを気にかけていたけど、
ちづは一人もやもやっとしてたのに今更ながら気づいたのが笑えましたw
これまでは爽子を見守る2人って感じだったのに、
恋愛事情になったときの立ち位置が見えたってのがちょっとした発見ですかね。

爽子の成長が一番大きいと思いますし、
頼り頼られる関係になってるこの3人の今の姿を見られるのが嬉しく感じました。

そしてここから男子合流でクリスマス会in黒沼家に発展。
爽子の母親の懐の深さが偉大すぎるw

20130127_04.jpg

男女6人がメインというよりは、爽子の父親と風早が改めて向き合うのが主題だったかな?
恋愛漫画で、男女お互いの家族がどれだけ関わってくるかってのは
全然出ない場合と、ガッツリ絡む場合と結構極端だったりしますが、
こちらは後者ですね。

なんとなく親との対話が描かれると彼氏彼女のその先まで考えてしまいますが^^;
家族愛というよりは、風早への責任が重くなった気もしますけど、
それはそれとして本当真面目な恋愛街道を歩んでるといえます。

というわけで本作最大の安定期に入ったように見える今巻。
気になる話の展開としてはどうなるのでしょうか。
少しずつ向き合う3組を描くのか、それを揺るがす変化が起こるのか。

まずは次巻に注目ですね、楽しみにしてます。

君に届け 18 (マーガレットコミックス)君に届け 18 (マーガレットコミックス)
(2013/01/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.01.27 Sun. 14:20 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「デンキ街の本屋さん」4巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年8号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/886-c21cc244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。