スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「月刊少年マガジン」2013年3月号感想 ※ネタばれ有 

日本一おもしろい「月刊少年マガジン」読了~。

20130207_01.jpg

表紙は「鉄拳チンミ」。

感想まずは巻頭カラーで登場の「ノラガミ」。
今月はコミック6巻も発売ですね。

ひよりのお社で正式な神として認められた夜ト。
今までは違ったのね・・・^^;
幸せいっぱいな感じで順風満帆と思いきや、
野良との因縁は今なお暗く重く引きずっている感じ。

20130207_02.jpg

これまでも言葉だけ出てきた父様の存在も背後にあり、
夜トと野良の過去が気になります。
面の正体についても真相に迫ってくるのかな?
次回は緊迫の展開となりそうです。

「修羅の門」はついに登場の九十九。
対するはTSF最強のボルト。

20130207_03.jpg

最初にクリーンヒットを入れたのは九十九。
見た目はガッツリ入ってる感だけど、体が崩れて浅かった様子。
それでもなんかボルトがほぼノーダメージっぽいのが気になりますね。
ダウンしてノーダメージとかないでしょw

ボルトの秘密はどこにあるのか。
あからさまに変な呼吸してそうなのが気になりますが。

「四月は君の嘘」はいよいよガラコン開幕。
ところが、出番になっても会場に現れないかをり。

20130207_04.jpg

そこで男を見せるか公生といった展開。
無茶苦茶だけど、コンクールじゃないからこその演出でしょうか。
公生の演奏も気になるけど、かをりが遅れてる理由がもっと気になります。
なんか不吉な感じがしてしまう・・・。

「ましろのおと」は雪の試練のとき。
なんだかんだで雪の実力が発揮されるかと思いきや、
苦戦も苦戦、何もかもがうまくいってない感じ。

20130207_05.jpg

コミュニケーションもイマイチなので、
自分だけで突破口を開くのも難しそうですね。
見ているこちらもストレスたまる展開ですが、
だからこそこれからの成長への期待が高まります。

というわけで今月も面白かった月マガ。
新連載の野球漫画「FIRE BALL」がどこまで熱くなれるか注目です。
そして次号は「カペタ」が90Pでクライマックス。

来月も楽しみにしてます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:月マガ

2013.02.07 Thu. 23:33 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「アクセル・ワールド」13巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年10号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/893-5e3379d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。