スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2013年14号感想 ※ネタばれ有 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。

20130304_01.jpg

表紙は「べるぜバブ」。
4周年ってことで巻頭カラーでも登場。
もうコミックも20巻なんですね。

さてさて、感想へ。

とりあえず、今週の私のテンションは「ニセコイ」だけでMAXでした(>▽<)

20130304_02.jpg

マリーの巫女服姿が素晴らしい!
今回は女性キャラがみんな巫女服姿を披露してくれてどれもよかったけど、
やっぱり私にとってはマリーが一番ですわ。。

ひいき目なしに似合ってる度としてもマリーが一番だと思いますがどうでしょうね。
次に似合ってると思うのはるりちゃんですが。

さてお話のほうは楽に憑いてる怨霊を払うとかうさん臭い唐突な展開w
千棘がある意味ですごい頑張りを見せましたが^^;
正統派としては小野寺してやったりでしたね。

20130304_03.jpg

楽にとっても小野寺にとっても幸せな1分だったのでは?^^

口移しでって話になってからは完全にコメディ路線。
正視できない顔をした女の子たちがいろんな意味で印象的w
除夜の鐘がなかったら本当にキスしていたのか気になります。

というわけで、前回あった絵本の話は一旦置いて、
劇中の季節イベントであるお正月の話を消化。
年明けはなにかと季節イベントが続きますが、
話の展開的にはイベントをこなすのか、伏線を回収していくのか。

この先の展開にも注目してます。

「めだかボックス」は言彦の消滅でご都合主義展開にw
ご都合主義と言っちゃうと身もふたもないかもですね^^;
言彦の力がスタイルのようなものだったというのを
倒してみてわかるというのも若干皮肉な話。

梟博士の残した死なば諸共な切り札に対抗するめだかに見えた、
言彦の残響という姿との語らいは、言彦の優しい一面でもあったのかな。

20130304_04.jpg

球磨川とのやり取りも印象的でしたが、
そうした諸々があってめだかが見せた表情は笑顔だったのは
めだからしいと言っていいかな?

月が消え、めだかが戻らなかった世界のその先。
次回、箱庭学園卒業式は期待するサプライズが起きて欲しいものです。

というわけで今週も面白かったジャンプ。
今日はコミックの発売日とも重なったので、
ちょっとだけジャンプ気分が続きます。
むしろ「ニセコイ」を更に堪能しようと思います(●⌒∇⌒●)

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2013.03.04 Mon. 20:23 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「ニセコイ」6巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年13号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/906-2d919937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。