スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「蒼柩のラピスラズリ」3巻感想 ※ネタばれ有 

「蒼柩のラピスラズリ」3巻読了~。

20130503_01.jpg

辻峰家、霧谷家、そしてセツナ。
ウィッチクラフトを巡る三大勢力の全面戦争開始となる今巻。

灰原家当主のイツキが持つウィッチクラフト<夜魔>による結果を準備するなど、
戦争とはいえルールありという点は
これまでの長い歴史あってこその展開でしょうか。

20130503_02.jpg

このあたり気になったのは、灰原家といった辻峰・霧谷以外の勢力の存在が
どの程度あり、それらはウィッチクラフトを所持しているのかどうかという点。
いるとしたら今後の展開に関わってきそうですね。

さて、戦争開始の緒戦は霧谷家とセツナのつぶし合いに対して、
辻峰家撤退という流れ。
物量対一騎当千というのがまた凄まじいですが、
七海の持つウィッチクラフトの知識と、下準備にセツナが遅れをとる形に。

セツナはアリスとの戦いから連戦ですし、
そういう意味では同じく連戦を嫌い撤退した辻峰家の判断は正しかったですね。

ただ、戦力差、実力の差を一夜で埋めることはできず、
次の対戦では七海の前に完全な敗北を喫してしまう冬夜たち。

ラピスとの別れのため一日の猶予を与えられた冬夜たちは、
セツナとの条件付き共闘により、最後まで抗うことを決める。

20130503_03.jpg

アリスを梨央との人質交換の手段とするとか、
冬夜と取引をするとか、セツナは結構戦略的立ち回りをする面もあるのが
正直意外でしたが、この後の展開で霧谷家の元当主だと明かされて
なるほどと納得できました。

力技もいけて頭を使った立ち回りもできるというのは当主の器と言えますね。

そして始まる最後の戦い。
辻峰とセツナがどう立ち向かうかってのに焦点があたるかと思いきや、
開始早々にソードダンサーの精神呪縛の第三段階にシフトした冬夜の無双により、
あっという間に戦況が覆る形に。

20130503_04.jpg

ラピスのキスで正気に戻ったものの、
ウィッチドール達を全く寄せ付けない強さは驚異的。
かつてセツナが暴走して霧谷家を潰したとありますが、
セツナのもつフェンリルの暴走とかこの比じゃなかったのかと思うと余計に恐ろしいですね。

ところが、このまま勝負が決まるかと思いきや、
今度は四銃奏に残った霧谷雪哉の残留理念に囚われたアリスが
ラストショットを解放。

20130503_05.jpg

雪哉の望みは全力で戦うこととか、どこの戦闘マニアかと思うかのようなもので
なんとも厄介でしたねw
まぁ、本当は身体が弱かったのが原因ではありますが。。

人様の体だから後のことなんか知らんとばかりに全力な雪哉を止めるため、
今度は真由香が<月華氷刃>との対話に挑む。

このあたり、逆転劇としての面白さはありますが、
ウィッチクラフト頼りな面が出すぎるのは好き好きなのかなって感じでしょうか。
とはいえ、戦力アップは今度の必須課題でもあったし、
ラピスの活躍の場でもあるので必要要素でしょうか。

というか、ラピスは戦闘要員じゃないから、
出番があるとこを逃さず前に出て行ってくれるほうがいいですねw
頑張れラピス。

そんなことを思っていたら、
ラストシーンではまさかの真由香からの告白が。

20130503_06.jpg

家族を何よりも大切に思う冬夜が、その家族から受けた告白。
これが男女の関係という選択を迫られた場合、
本心から好きで受け入れるのであれば何の問題もないけど、
傷つけたくないから受け入れる、家族でも傷つけてしまうことを覚悟して断るとか
悪い方向へ話がいってしまう懸念が大きいですねぇ。
それはラピスしかりでもありますが。

バトル展開がひとまず区切りがついたところで、
次は恋愛が絡んで一悶着ありそうです。
冬夜としては、セツナとの対決の約束もあり、
考える事、行動しなけれならないことは多い中大変そうですが、
モテる男の宿命だと思って頑張ってもらいたいですw

次巻はウィッチクラフトを絡めつつ、夏を舞台としてサービスもある様子。
期待してます(>▽<)

蒼柩のラピスラズリ3 (MF文庫J)蒼柩のラピスラズリ3 (MF文庫J)
(2013/04/24)
あさのハジメ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.05.03 Fri. 20:18 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「-アクセル・ワールド/デュラル-マギサ・ガーデン」2巻感想 ※ネタばれ有
「月刊少年マガジン」6月号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/945-36826c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。