スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「-アクセル・ワールド/デュラル-マギサ・ガーデン」2巻感想 ※ネタばれ有 

「-アクセル・ワールド/デュラル-マギサ・ガーデン」2巻読了~。

20130504_01.jpg

ポイント全損の危機を背負って戦うちあきとリーリャ。
追い込まれてこそ発揮される実力がある考えているのか、
リーリャの力を試すステップのように振る舞うちあきの戦い方は、
対戦相手への敬意を感じないものとも言えるかなぁ。

リーリャのことしか考えてなかっただけなのかもですし、
その辺りは猪突猛進なちあき的思考と考えるべきか。

とはいえ、間接攻撃に抗する術がないという弱点を
ものの見事につかれて絶体絶命のピンチとなったちあきを救ったのは
覚醒したリーリャの力。

20130504_02.jpg

リーリャにとっては、自分を信じてくれるちあきの存在は何より心強いものなのでしょう。
強引なちあきのやり方は、いい方向に向かっていたのはよかったかな。

というわけでリーリャの力ですが、
全てのステータスが裏返るというとんでもないもの。

20130504_03.jpg

リーリャのパラメータは敏捷極振りなので、
言ってしまえば敏捷以外が最強になるってことですね。
鈍重となる代わりに、相手の行動を阻害するブリザード技を備えていて、
弱点を補っているあたり隙がない感じ。

単純なパラメータ強化だけだと、
間接主体の赤や、特殊攻撃が多い黄色とか対抗できるかなぁとも予想できますが。

あとはそもそも変身させないというのが一番効果的ですね。
チーム戦ではリーリャを<イート・ミー>状態にさせるためのゲージ稼ぎ、
状態を移行させるタイミングが重要となりそう。

リーリャの圧倒的力で対戦を勝利した2人だけど、
この対戦の重要さはむしろその後にありました。

リーリャのことや、対戦のことを自分ひとりで押し進めたちあきに、
形式上の親である優子が大激怒。

20130504_04.jpg

ちあきの親になると決めた優子の心にあったのは、
表に出ていた軽いノリとは裏腹な覚悟の上のものだったと。

アクセル・ワールド本編でも、ハルユキと黒雪姫のような本当の親子とは別に、
スカイレイカーのような師弟関係や、他の仲間のような関係もあったりと、
誰もが特別な存在として成り立ってます。

優子がちあきを選んでから"親"と"子"を意識させるエピソードはまだ見えてなかっただけに、
今回のことはその辺りの関係をきちんとさせるいい展開でしたね。
この世界の親子関係はそれだけ大切ですから。

一方、優子や冬牙たち幼馴染組にも色々な過去があっての今がある感じ。
優子がちあきの全損を恐れ、怒った裏には、
単純なものとは違った理由もありそうです。

20130504_05.jpg

そんな流れを経てのレギオン設立宣言はちょっとかっこよかったですね。
レギオン=家族という関係が本作でどれだけ表現できるのか、
どこまで家族といえる存在となれるかってのは注目したいところ。

優子がちあきやリーリャにつけた対戦制限、レベルアップ制限など、
主にちあきにバーストリンカーとしての心構えを覚えさせられるかも気になりますw
強すぎる人は足元救われかねないですからね。

とうわけで、アリス覚醒と親子の絆が描かれた今巻。
次なる目標はアリスのレベルアップとレギオン設立でしょうか。

王のいないレギオンの姿というのは原作でもなかったように思えるので、
領土戦はまずは空白エリアを獲得するとこからなのかなぁとか、
本作ならではの展開にも注目してます。
(原作で説明あったら私が覚えてないだけですが^^;)

次巻も楽しみにしてます。

アクセル・ワールド/デュラルマギサ・ガーデン 02 (電撃コミックス)アクセル・ワールド/デュラルマギサ・ガーデン 02 (電撃コミックス)
(2013/04/27)
笹倉 綾人

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.05.04 Sat. 19:09 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「劇場版シュタインズ・ゲート-負荷領域のデジャヴ-」感想
「蒼柩のラピスラズリ」3巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/946-0e78f6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。