スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「劇場版シュタインズ・ゲート-負荷領域のデジャヴ-」感想 

「劇場版シュタインズ・ゲート-負荷領域のデジャヴ-」を見てきました。
ここのとこ漫画の感想ばかりでしたが、久しぶりに映画で。
アニメですが^^;



さていわずもがななシュタゲの劇場版。
メインは助手こと牧瀬紅莉栖。

世界の在り方やら理論的な部分は1回見ただけだと整合性取れてるかとか、
よほどシュタゲの世界を理解している人でないと判断は難しいかな?

なので、細かくないとこでストーリーに触れずネタばれしない部分での感想を。
言ってしまえば、シュタゲやったことある人は見に行こうという宣伝です(笑

まずは劇場版ならではのクオリティの高さ。
特に表情の細かさは、キャラクターの感情を微細に表現するので、
感情移入度が高くなります。

あとは声優さんの演技。
岡部と紅莉栖は色々とグッとくるところが多くて引き込まれます。
2人のやり取りも多くて、相乗効果を発揮してたりとアホっぽい言葉で言うと、
マジやばいですw

そして最後は紅莉栖が岡部を好きすぎて困る部分^^
まさにツンデレの鑑というか、最初から最後まで紅莉栖らしさを崩さない
岡部への愛の形がもう堪らないニヤニヤ感を生み出してます。
サービスシーンもあったりと、
紅莉栖ファンはこれだけでも見る価値ありなんじゃないでしょうか。

もちろん他のラボメンたちもきっちりと登場、
まゆりとダルを筆頭にそれぞれ物語を盛り上げてくれます。

と、ここまで書いたところで、評価ってどんなものかな?と思って
ヤフーの映画のレビューをちょっと見てみると、
完全にファン向けとかOVAでいいんじゃ?みたいな意見もあるようですね。

私はTVアニメやって劇場版にする場合って、
ファン向けでOVAよりさらに尺とクオリティを上げたものを提供だと思ってたので、
普通なんじゃ?と思いましたが、
世間一般のアニメファンの方はそうではない人の方が多いのかな?
むしろもう少し尺を長くして描いて欲しい部分のほうが多かったかと。

もちろん原作知らずに見る人の評価としては至極妥当すぎますが^^;

少なくともシュタゲファンなら1800円出す価値はあるかと思います。
不安ならブルーレイ発売を待つでも全然かまわないですが
個人的には何かしらの媒体で見て欲しいなと思えた作品です。

シュタゲに対して目が肥えてるファンとは
見え方が違う可能性は確実にあるでしょうが^^;

キャラアニメではないですが、
とりあえず劇場版については助手最高!って言葉で締めさせていただきます。
思い出すだけでニヤニヤできますわ(●⌒∇⌒●)

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:映画

2013.05.05 Sun. 22:55 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「さえずり少女、しんしん鎌倉」感想 ※ネタばれ有
「-アクセル・ワールド/デュラル-マギサ・ガーデン」2巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/947-7e1a1555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。