スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ダイヤのA」36巻感想 ※ネタばれ有 

「ダイヤのA」36巻読了~。

20130517_01.jpg

まずはアニメ化決定おめでとうございます!
36巻にしてってのが長いようでいて、
本編はずっと1年生なので夏大会まで放送するのであれば
きりがいいと言えなくもないでしょうか。
ぜひそこまではやって欲しいものです。

さて36巻は秋大会。
9回をヒット3本に抑え見事投げきった沢村。
青道も6得点、春市のホームランも出たりと打撃面もいい感じじゃないでしょうか。

逆にこの流れを外からしか見れなかった降谷の悔しさがにじみ出る場面も多数。

20130517_02.jpg

無言ながらもアピールは首脳陣にばっちり届いてましたけどねw

というわけで4強が出そろったわけですが、
やっぱり薬師いますねぇ。
稲実がいない中だと青道と薬師の決勝が楽しみかなぁ。
先の期待にすぎないですが。

4強の残った他のチームも個性派揃い。
青道の次の相手成孔はわかりやすいくらいパワー重視のチームです。

多少芯をはずしてももってくパワーがあれば
ムービングもその力が半減って感じで沢村が一番やりづらい相手でしょうか。
降谷なら真っ向から力勝負できるかもだけど、
ストレートだけでは決め手に欠ける。
ってことで、制球と変化球に定評のある川上の出番の予感みたいな感じがしてきました。

川上の場合はプレッシャーだけがネックかな。
バッターを翻弄しつつ波に乗ればという期待感は高いですね。

ただ、投手陣は変化球ブームw
ついに降谷も変化球に手を出すことに。
教えを乞う相手が落合コーチって辺り、沢村の前例あってことかな?

20130517_03.jpg

披露されたのは縦のスライダー。
元々ストレートが強力な武器なだけに、
変化球があるってだけでも怖いもの。
決め球としても使えそうとなれば、まさに鬼に金棒ですね。

降谷のスライダー、川上のシンカーと、沢村はチェンジアップに磨きをかける。
互いが互いに影響を与え、投手陣のレベルアップ必至。
さらにスタメン入りしていない面々も
諦めの文字なくひたすら自分を磨き、アピールする日々。
勝ちに繋がっているというのも勢いを後押しするいいムードです。

そこで一計を案じた監督はレギュラー対控えの紅白戦を提案。
レギュラーチームの監督を落合コーチが、
控えチームの監督を片岡監督がやるというのも見ごたえあります。

20130517_04.jpg

改めて控え選手の力を確認すると共に、
レギュラー陣にその飢えで焚き付けようってのもあるのかな。
ちょうどよく降谷のスライダーを実戦で確認できるのも良いタイミング。
中継ぎ予定の川上のシンカーも、過去のトラウマ克服の確認ができますねw
1イニング3死球とか、彼にも黒歴史があったのが笑えますが^^;

あとは逆に各メンバーの弱点が見えるなんてこともあるかも。
特に落合コーチはいやらしそうなので、
沢村攻略法なんかも思いつきそうですね。
春市に金属バットを使えと言ったのもそのひとつでしょうけど。

公式戦にも見劣りしないであろう青道の紅白戦。
ここから何が見えるのか、注目の一戦に期待してます。

ダイヤのA(36) (ダイヤのA (36))ダイヤのA(36) (ダイヤのA (36))
(2013/05/17)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.05.17 Fri. 23:32 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「四月は君の嘘」6巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年24号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/954-0e83fe54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。