スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「クロス×レガリア」5巻感想 ※ネタばれ有 

「クロス×レガリア」5巻読了~。

20130605_01.jpg

夏だ!海だ!水着だ!!
ってことで今回の話はバトルこそあれど、
レギュラーキャラ総出演での賑やかし回といった感じが強かったです。

20130605_02.jpg

海で生徒会合宿といった体ですが、
相変わらず生徒会の行動力や資金力がすごい。
生徒会長の一姫が裏ボスみたいな展開を未だに疑うくらいの底知れなさですw

さて今回注目のひとつは仲間といえるキャラが総出演で、
これまで以上に横のつながりががっつり描かれた点。

生徒会の面々とは初対面となるリコや蓮花との絡みから始まり、
リコいわく女子会と銘打ったリコ、蓮花、北斗のそれぞれの価値観など
興味深い話も盛りだくさん。

ゲテモノ愛好家が蓮花だけでなくリコもだったのが苦笑いw
意外といってはなんですが、一番乙女趣味なのが北斗なのもこれはこれでって感じ。

20130605_05.jpg

リコと北斗の仲の良さは見ていて和みました。
リコが好きすぎて馳郎にきつい北斗が、
普段ももうちょっと可愛げがあるともっといいですね^^;

そんな女の子同士の交流もよかったですが、
こういうイベントでの注目のひとつとして恋愛は欠かせないもの。

まずは前巻で馳郎への気持ちを確信した蓮花。
なんだかんだ理由がありつつも、
結局のところ馳郎を追いかけてきたあたりがいじらしい。

20130605_04.jpg

馳郎のほうも最初に敵対したときから大分印象が変わっている様子。
ナタの存在が大きくて恋愛面ではそれほどでもないかもですが、
まだまだこれからの頑張りではわからないんじゃないでしょうか。

とはいえ、現時点での馳郎とナタの間に割って入るには分が悪いのも事実。

今巻では馳郎を意識しすぎていっぱいいっぱいなナタが沢山見れましたが、
どの反応も初々しすぎてたまらなくニヤニヤしてしまいました^^

ナタといい蓮花といい、鬼仙の女の子は
自分を守ってくれる馳郎みたいな存在に対しては対応する術を持たないのかもですね。
その性質からすれば馳郎のような人間は初めてだって感じでしょう。
人間の女の子以上の無防備な反応がグッときました。

そして注目すべき点ではずせないのがやはりバトル。

今回の敵は始祖鬼宝の盤古幡。
白鳳六家の青朽葉の不可解な誘導からの不意の遭遇だったり、
盤古幡自身は敵というよりも、迷い子みたいな救うべき存在だったりしたもの。

この戦闘で何かが大きく変わったというよりは、
今後の展開への繋がりとなるための話といった形ですね。

一番の見どころは七鍵勅書により能力を解放したナタの
現時点最高の力を持つ始祖鬼宝、九竜神火罩の力。

20130605_03.jpg

カラーピンナップのナタもかっこよかったですし、
その威力もまた絶大でした。
それでも本来九匹の竜のうち、5匹までの威力ってことで
真の力を全て引き出せたらどうなってしまうのかって感じですね。

ただ、周りの氣を吸い上げてしまうので、
使う場所など限定されるというデメリットがあるのは大きいところ。
なにより七鍵勅書を持ってる太乙の協力が必要となってしまうと、
今後の再使用は中々ないかもです。

他には水中戦闘用のオケアノスのお披露目や、
鬼仙の蓮花とオニの北斗の連携、
汎用性を考えると一番強いんじゃ的な少影の地味な(笑)活躍など、
登場キャラたちそれぞれの個性をいかした戦い&共闘が楽しかったところ。

馳郎に関してはジンに近づこう、越えようとする気持ちを
うまく自分のスタイルの中で昇華させることができた点は
これからの戦いに向けての大きなステップアップとなったでしょう。

再び眠りについたという盤古幡を蓮花が所有することになったのも伏線かな。
積極的に利用しようと頑張るのかどうかで、再登場&蓮花の活躍の幅も増えるかも。

というわけで、どちらかと言えば息抜きといっていい今巻ですが、
終始楽しく読めた上に見どころ満載で大満足でした。

暗躍組の動きで下地もできて、次なる波乱の予感も感じさせる終わり方。
次巻を楽しみにしてます。

クロス×レガリア  海神の遺産 (角川スニーカー文庫)クロス×レガリア 海神の遺産 (角川スニーカー文庫)
(2013/05/31)
三田 誠

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.06.05 Wed. 22:59 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「ワールドエンブリオ」10巻、11巻感想 ※ネタばれ有
「ニセコイ」7巻感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/963-b5e8e1c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。