スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「君に届け」19巻感想 ※ネタばれ有 

「君に届け」19巻読了~。

20130625_01.jpg

今巻はピンが主役!
…ではないですが、カッコいいピンが盛りだくさん。

前半は迷いつつも順調な甘い恋愛風景が続きましたが、
注目したいのは後半の進路に向けた話。

20130625_02.jpg

きっかけとしては元旦の朝。
教師らしからぬ行動のピンが教師的な発言をしたこと。
いつものノリと違うぜって感じでしたが、
その後の徹とちづの話も未来に向けた話だったこともあり、
いよいよ今より先を見る展開に入ったなと感じさせましたね。

ただし、ちづと龍の2人には、
他の2人より若干重いというか深刻な分岐が待ち受けていそうですが。
龍の進学が野球推薦だと尚のこと…。
こちらはまだ先の展開となりそうですけど。

というわけで進路という学生生活の中でも人生を決める大きな分岐点、
こういう時、教師や周囲の人の影響は大きく感じるもの。

一番心配ないと思っていた爽子が、
実は今しか見ていなくて将来のビジョンが全然なかったことは驚きですが、
それを見抜いて将来を考えるよう宿題を出していたピンがあなどれない存在。

20130625_03.jpg

二者面談では、就職を希望してきた爽子に、
素晴らしいアドバイスを送っていて、これにはグッとくるものがありました。

今はまだ悩んでいい時期だというのもありますし、
爽子の可能性を広げるために考えさせるというのはいいことですね。

風早が家を継ぐことを決めていて、
爽子と離れてしまう未来を感じていたというのも
爽子にとって思い描く未来の可能性を意識させる強いきっかけになったことでしょう。

ケントとあやねは示し合せもせずに似た進路になりましたが、
恋愛感情で進路を決めるなんてのもひとつの選択肢としてありますね。
良い悪いは別として、それを理由に頑張れるのであれば
それに見合った結果をどこかで得られるかもしれないというのも一つの可能性の話。
…まぁそれで下に向かってしまう人もいるかもしれませんが^^;

本作において今のところ、各人が自らの意志をもって進路を考えている感じ。
こういうところはしっかりしてすごいなって思いますが、
ラストで風早の父、ゲキレツさんが激烈な展開を起こして次巻というのが衝撃的でしたw

20130625_04.jpg

店を継ぐという風早の進路への物言いなのかと思いますが、
父親としてはまた違った気持ちがあるのでしょうか。
これまでとは違う意味で、次巻が気になる形となりました^^

あとは冒頭で述べましたが、ちづと龍の進路は波乱の予感ですね。
ちづは自分の進路を考えるのでいっぱいいっぱいそうですが、
龍が進学を希望していることを知らないという事実を知ったとき、
どういう気持ちになるのか。

徹の言葉通り、別れなければずっと一緒という言葉の意味を
ちづなりのやり方で体現したりするのかなとか期待もしてますけど。

ケントとあやねの距離感もまだふわっとしてる部分もあるので、
恋愛的な意味ではこの2人にはドキドキさせられそうな予感。

恋に勉強に、まさに学生生活らしい話が面白かった巻でした。
この先、誰がどんな道を選択するのか、注目しています。


君に届け 19 (マーガレットコミックス)君に届け 19 (マーガレットコミックス)
(2013/06/25)
椎名 軽穂

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:コミック

2013.06.25 Tue. 22:40 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「きんいろモザイク」3巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年30号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/973-af04b89c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。