スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「週刊少年ジャンプ」2013年32号感想 ※ネタばれ有り 

月曜は「週刊少年ジャンプ」の発売日。

20130708_01.jpg

表紙は連載1周年「暗殺教室」。
黒板アート選手権が開催されるようで、これはちょっと面白そう。

さて感想。

センターカラーで登場の「ニセコイ」はアニメ化の続報ですが、
制作シャフトで新房監督と私でも知ってるメジャー所。

20130708_02.jpg

っていうか、意外すぎてどんなアニメになるか想像できませんw
王道といっていい「ニセコイ」に、独特のカットが特徴の新房監督と、
合うか合わないかがまず注目になりそうですが、楽しみは増しました。

本編は銭湯だよ全員集合な展開。
楽の家の風呂が調子悪いと、組員がぞろぞろやってくるかと思ったけど
そんなことはなく、女の子たちだけの平和?な展開。

20130708_03.jpg

話そのものはベタでしたが、個人的に印象に残ったのは
マリーの肉食っぷりw
男だろうが女だろうが犯罪ですけどね、警視総監の娘が^^;

あと春はやっぱり楽に色々とみられる要員ってことで、
パンツ以上のものが見えてしまったのか、
未遂で済んだかははっきりしませんでしたが、
今後もこのポジションは変わらずかな?

春がいなかったら小野寺がどんなことになったか、
そんなToLoveる的展開はちょっと見たかったですw

感想次は、ついに最終回を迎えた「スケットダンス」。
クライマックスに向かってるとはいえ、もう少し引っ張るかと思いましたが、
潔いくらい真っ直ぐ完結に向かったということで。

20130708_04.jpg

スイッチの答辞はグッときました。
スイッチが自分の口で語るようになって以降、
大きく取り上げられなかったところでこの答辞を持ってくるのが、
スイッチの言葉の重みを感じさせるいい効果になってますね。

旅立つボッスンとヒメコのやりとりが相変わらずだったのは、
まだまだこの先へ続いていくんだっていうことでしょうか。

とにもかくにもいい最終回でした。
ジャンプを支える漫画がひとつ終わってしまったと思うと寂しいですが、
次回作を楽しみにしてます。

感想ラストは意外な展開が印象的だった「ハイキュー!!」。

20130708_05.jpg

いや~、まさか負けるとは思いませんでした。
相手との地力の差があり、課題とするところがいくつも見えてはいたものの、
試合中の成長も著しかったですからねぇ。

でもこれが勝負の世界。
強くなるための敗北というは必要な要素といえるでしょう。
負けたことでチームが、個人がどういう気持ちで次なる行動を起こすかは
今後の面白さにも繋がる重要なポイントとなるのではないでしょうか。
次回以降は特に注目したいです。

というわけで今週も面白かったジャンプ。
来週から鳥山明新連載が開始。
スケットダンスが抜けたけど、
大御所登場でジャンプはまだ揺らがないといえる作品であることに期待してます。

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ジャンプ

2013.07.08 Mon. 20:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

« 「週刊少年ジャンプ」2013年33号感想 ※ネタばれ有
「月刊少年マガジン」2013年8月号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/978-14df8b75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。