スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「ロウきゅーぶ!」13巻感想 ※ネタばれ有 

「ロウきゅーぶ!」13巻読了~。

20130713_04.jpg

本編の終幕となる今巻。
表紙は智花かと思ったけど紗季でしたね。
代わりといってはなんですが、
智花はカラーピンナップで中学好の制服への着替えを披露。

20130713_05.jpg

ぶれないどころか、爆弾投下並みのイラストですが^^;

ですが本編はひたすらバスケでした。
慧心女バス初の公式戦はいよいよ後半戦。
リードをしていながらも、徐々にその力の本質を発揮しはじめる硯谷の面々に
苦戦必至の展開。

さらには真帆が足を痛めるというアクシデントが発生、
硯谷の怜那も思い切った攻めができなくなるなど両チームの試合には
毎回どこかで試練が降ってきますね。

20130713_06.jpg

こういう時に頼もしいのが支える仲間、後ろに控える選手たち。
6年生チームと5年生チームの混成が予想外に機能したのは、
なんだかんだでお互いを見て、理解している表れとも言えますね。

バスケだけでなく、それを通じて精神的にも成長した姿が伺えました。

とはいえ試合が後半になるほど、試合経験の差や、
強豪の意地という要素が加味される硯谷に一日の長あり。
前半作ったリードを取り戻され、ついには同点、逆転されてしまうことに。

それでもリードが広がる形にならないのは慧心の強さでしょう。
真帆の一時離脱にも耐えうる精神は、相手の強さへの対抗心、
その中でもバスケを楽しむ気持ちを忘れないという純粋さがありました。

結果が見えないまま2点差での慧心の攻撃。
ここで初めて硯谷との対戦でシュートをはずした
紗季にボールが回ってくるあたりドラマチックでした。

20130713_07.jpg

それを見事決めるとか、小学生の精神力を超越してますねw
カッコよかったです。

とはいえこれで同点となり、試合は延長戦へ。
延長も一進一退のまま、こちらもやはり最後の攻撃で決着という形。

ここで登場はさすがの正ヒロインでもあり、
バスケ部発足のきっかけとなった智花の登場。

20130713_08.jpg

これはもう完全に勝つ展開だと思いましたが、
惜しくもゴールはノーカウント。
紙一重の差ではあるものの、その紙一重が両チームの実力差でもあるのかな。

意外とシビアな結果でしたが、納得できる結果でもあり、
本作がスポ根としてのバスケをきっちり描いたってことでしょうね。

この後は後日談的な話へ。
5年生、6年生の更なる成長と中学生でもバスケを続ける意思の確認、
そして昴の本来いるべき高校男子バスケ部の再始動に向けた展望と、
それぞれの道を歩みながらも、今あるものも手放さないという
理想を追い求めるぜって感じですね。

バスケのコーチはミホ姉にバトンタッチすることになるので、
その後の昴がどういった形で慧心女バスの面々との関わりを続けるかは気になりました。
色々な意味で^^;

智花とは毎朝の練習を継続するようで、
このあたりやはり正妻は智花といえそうですw

20130713_09.jpg

まぁでも、期待してなかったとは言いませんが、
恋愛的な意味で昴と智花ないし、他の女バスの面々が
どうにかならなくてよかったですw
未来への予感みたいなものはありますが^^

とはいえ魅力的な子が多いので、
個人的には数年後の姿はぜひ見たいですけどw

あと後日談で印象に残ったのは柿園と御庄寺のバスケ復帰でしょうか。
なんだかんだ付き合いとノリの良い2人のコンビは見てて面白かったですが、
ただのムードメーカーで終わらず、
しっかり周りの影響を受けて成長してるってのは、
結構お気に入りの2人だっただけに嬉しいエピソードでした。

いつしか葵の敵となって対戦なんてこともあるのかと想像するのも楽しいです。

さて、そんなこんなで最終巻らしいエピソードがありつつも、
すべては未来へと繋がっていくというとこに終始したので、
あまりこれで終わりって感じがしない本編終幕巻でしたw

その先が見たいって気持ちがあるので消化不良な面もありますが、
小学生バスケとそのコーチという関係を描いた本作としては
ここで素直に終わりというのは納得できるものでした。

最終的にロリとスポのどっちに比重が寄ったかは
読者それぞれの感じ方かなぁとお茶を濁しつつ
感想の締めとしたいと思いますw

アニメのほうは7月から絶賛放送中で早速話題を呼んでいますね。
できれば今巻のとこまで放送して欲しいです。

本作はまだ短編など出るっぽい感じですね。
蒼山サグ氏は「天使の3P!」どうなってますかというのは
個人的に気になるところですが^^;

とにもかくにも今後の続刊も楽しみにしてます。

ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)ロウきゅーぶ! (13) (電撃文庫)
(2013/07/10)
蒼山サグ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.07.13 Sat. 20:52 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

« 「ストライク・ザ・ブラッド」8巻感想 ※ネタばれ有
「週刊少年ジャンプ」2013年33号感想 ※ネタばれ有 »

コメントの投稿

Secret

△page top

この記事に対するコメント

紗季ってブレザー似合うなぁ

かっちりした服が似合うタイプかと

…それはそれとして(笑)、
電撃萌王で連載されていたのもあるし、
そういったストックを放出するのかも。
(定期購読しています)

URL | 黒鉄 #Za0wai02

2013.07.14 11:20 * 編集 *

ブレザーも見たいですw

ストックであと何巻いけるのかってのは気になりますね。
加筆、描き下ろしにも期待したとして1,2巻くらいでしょうか。
いずれにせよ私は未読なので、期待して待ちたいと思います^^

URL | #-

2013.07.14 13:51 * 編集 *

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hide646.blog13.fc2.com/tb.php/980-d55a2869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。