スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告

--.--.-- --. --:-- -edit- Trackback -- / Comment --

△page top

「僕と彼女のゲーム戦争」6巻感想 ※ネタばれ有 

「僕と彼女のゲーム戦争」6巻読了~。

20130916_01.jpg

甲斐ヶ原との因縁が積み上げられていくゲーム合宿2日目。
岸嶺と天道の関係もぎくしゃくした感じで、
ゲームだけでなく人間関係にも多くスポットがあたる展開でした。

というわけで伊豆野宮に闘志メラメラな主催甲斐ヶ原の祇方院つかさだけど、
ゲームに関しては真っ向勝負。

20130916_02.jpg

チーム戦1回戦は「ゴーストリコン」。
ちなみに今回登場のゲームを私は1本もやったことない上に、
内容もほとんど知らなかったです^^;

さて「ゴーストリコン」はTPSのミリタリアクション。
敵に見つからないように仲間とタイミングを合わせて排除していくというのが
特徴なようで、まさにチーム戦にうってつけのゲーム。

この系統となると杉鹿が圧倒的に頼りになりますね。
他のメンバーも役割をきちんと果たしたりと、
本編で描かれない部分でどれだけのジャンルと本数をこなしてきたのでしょうか。
まさにゲーム三昧なのかなぁ。。
うらやましい部活ですw

岸嶺の件が尾を引いている天道のミスなどありましたが、
なんとか決勝進出を果たした伊豆野宮。

決勝は伊豆野宮、甲斐ヶ原、駿河坂での「シヴィライゼーション5」。
私は「シヴィライゼーション5」って「シムシティ」みたいな
1人用の都市開発ゲームだと思ってたのですが、
マルチプレイヤーで対戦とかやるんですねぇ。

20130916_03.jpg

対戦用の各種設定もできるようだし、確固たる戦略も確立されていたりと
読んでいてかなり興味がわく内容でした。
ただ、時間かかるっていう点が社会人には最大のネックですが^^;

あと、「シヴィライゼーション」については作者の思い入れが文章から
物凄く伝わってきているのがよくわかりましたw

単純な攻略やテンプレではなく、自分はこうやってきたんだみたいな部分や、
実際にゲームやってただろってわかる部分もチラホラ。

あとがき読んでやっぱりな~って思いましたが、
これまで出てきたどのゲームよりも力が入ってましたね。

個人的には岸嶺の挨拶に対して「吹き抜ける風」が返した
"お前を殺すのは一番最後にしてやる"って台詞でした。
どこのコマンドーだw
その後に、あれは嘘だがあったのもお約束ですね。

ゲームとして面白かったのはやはり戦争時の動きでしょうか。
戦争開始前から戦争中まで、
世界大戦開始のタイミングや同盟交渉、他国の動きに合わせた動きなど
単純なSLGを越えた戦略性は読んでて手に汗握るものがありました。

ゲームとは違う部分ですが、天道と杉鹿の会話は
本編にとって重要な部分でした。

20130916_04.jpg

純粋培養されている天道とは違い、
アメリカ的な考え方の杉鹿の言葉は天道には衝撃的だった様子。
男がみんな変態なのはある意味真理かもしれませんがw

この会話から天道は岸嶺との接し方をどうするかは、
まだ今巻では語られませんでしたね。
次巻以降でどうなるかは注目したいところ。

戻って決勝戦。
まさに大戦争の様相となりましたが、
最後は時間制限を利用した甲斐ヶ原の勝利。

時間切れ狙いもひとつの戦略ですが、
後味がいいかと言われるとどうかというとこで、
これがきっかけで伊豆野宮と甲斐ヶ原の場外延長戦が勃発。

てことで今巻最後のゲームは「アサシンクリード3」。
レーティングZなので、なかなか過激な部分があるようですね。

銃撃戦のような派手さはないけど、
暗殺相手を見抜き、罠などを警戒しつつ接近、暗殺を遂げるという
緊張感は面白そうですね。

FPSとかTPSはどうしても似たようなゲーム性になってしまいますが、
独自のウリを出して、それが戦略性に繋がっていくことで個性化を出してる点は
あまりこの手のゲームをやったことのない私にも
興味を抱かせる要素となってて魅力を感じます。

仲間と連携するという点がうまく描かれているのも面白かったです。
本作はチームで戦うという点は特に重要視してますからね。
それに見合う題材なのもあるでしょうけど、
読んでてこのゲームやりたいって思わせるだけのものがあるのが楽しいです。

延長戦を制したのは伊豆野宮。
対戦した経緯はあるものの、純粋にゲームを楽しんだ伊豆野宮に対して、
面目丸つぶれな祇方院は感情丸出しで悔しがるとか、
この子も中々面白いですねw

20130916_05.jpg

ゲーマーなんてものは強者に嫉妬し、弱者に優越感を感じるのが多数なので
むしろ身近にある反応を見た感じでむしろ安心感がありましたがw

本作も天道と岸嶺意外は、よくいるゲーマーの感覚を持ってるみたいですし、
祇方院みたいにもっと感情的な部分が見えてもいいかも。
みっともないのは嫌ですがw

というわけで初参加のゲーム合宿は、
伊豆野宮の名をとどろかせると共に、妙な因縁を生み出す結果となりました。

「吹き抜ける風」が「宵闇の魔術師」の妹ってことが判明したり、
「宵闇の魔術師」も夏のJGBCへの参戦をほのめかしたりと、
夏の舞台には役者が勢揃いしそうな雰囲気。
熱い展開に期待してます。

が、次は短編になりそうですね。
本作においては話の数が多いだけ、扱うゲームタイトルも増えるのかと思うと
それはそれで楽しみが増えるというもの。

間を開けずに出そうってことで、年内とかあるのも?
楽しみにしてます。

僕と彼女のゲーム戦争 (6) (電撃文庫)僕と彼女のゲーム戦争 (6) (電撃文庫)
(2013/09/10)
師走トオル

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.09.16 Mon. 21:42 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「新約 とある魔術の禁書目録」8巻感想 ※ネタばれ有 

「新約 とある魔術の禁書目録」8巻読了~。

20130912_01.jpg

本屋で表紙を見てあれ短編?と思った人が何人いるのかw
新約となって初めて表紙にインデックスが登場してるじゃないですか!

さらに巻頭のカラーピンナップもインデックスいるし、
本編もほぼ最初から最後まで出演するとかどうしちゃったのか。

でも、出番があるだけで結構いつも通りだったのにはなぜか安心しました。
うん、インデックスってこんな感じだよね~(´・ω・`)

20130912_03.jpg

前半では当麻とインデックス、そしてなぜか起きたら一緒に寝ていた
バードウェイとレッサー、さらには美琴を交えての
命をかけたラブコメ展開とか久しぶりに日常多めでしたね。
実際はグレムリンの拠点が見つかるまでの待機ではありますが。

日常の裏で各国が情報をもちよりグレムリンの拠点探しが進行していましたが、
やっぱりというか、学園都市、さらには日本がそこに加わっていないのは
相手が魔術師という点が強いのかなぁと。

20130912_04.jpg

学園都市はアレイスターが音信不通だったり、
技術の漏えいへの懸念から他国との協力関係を築くのを拒む性質だったりと
色々理由はありそうですけど。

とまぁ、いろんな人が出張って包囲網を築いたと思いきや、
完全に出し抜かれた形となったのは間抜けと言っていいのか、
グレムリンが上手と褒めるべきか微妙などこですねw
魔術的な意味合いからの絞り込みだったから、
魔術師メインで構成されたトップ会談だった時点で結果が見えていたのかも。

苦労の甲斐なく後手に回ってしまったわけですが、
本作的にはここからの上条勢力の活躍こそが待っていた展開。

ってことで何巻ぶりでしょうか。
ついにインデックスさんが戦場に舞い戻る時がきましたw

20130912_02.jpg

でもやっぱり武器はスペルインターセプト。
対魔術師では超強力だし、インデックスらしい能力なんだけど
何度見てもやっぱ地味ですw

とはいえ、当麻とインデックスはかなり相性がいい組み合わせ。
近距離特化の当麻なだけに、スペルインターセプトによる妨害は有効だし、
当麻が相手の何を狙えばいいかを的確にアドバイスできるってのもありますし。
・・・うん、こう考えると当麻+インデックスは強すぎるのかも?

ついでに美琴も敵を圧倒してたけど、合流して速攻置いてきぼりにされたとか不憫w
本人が頑張っても扱いが改善されてないとか、
インデックスとは違う方向のマイナスに向かうヒロインですね。

さて、熱いバトルを切り抜けて辿り着いたグレムリンの拠点。
でも、そこに待っていたのは絶望でした。

20130912_05.jpg

魔神の特性ってのが未だによくわからないのですが、
成功と失敗を50%の確率で内包するとか、
どちらでもいいから100%にして、
成功なら従い、失敗なら逆を選択するとか。

まずはその理論が適用される前提条件ってのがあるのかどうか。
誰に対しても何に対してもそうなのか、
例えばオッレルスのような同格の相手だとそうなるのか。

あと失敗100%はどうひっくり返しても失敗にしかならないような。

この辺は魔術的な理論ってことで通常の理論で考えちゃいけない部分なのかもですけど。
魔神が強いのはよくわかりますが、自分の中でこの考え方がうまく消化できずに
やや悶々としてしまうものがまだありますねぇ。

というわけで世界が滅びそうなのですが、
今巻はその陰が一瞬見えただけの学園都市が何やってるのか気になるところ。
これまで散々出てきた学園都市側の人間が全く動いていないのは、
次巻からの逆襲に向けて嵐の前の静けさなのか。
それとも我関せずで、事後に独自の動きを見せるのか。

魔術サイドも面子丸つぶれなわけなので、
こちらこそ逆襲に燃えていることでしょう。

もちろん当麻の活躍にも期待していますが、
個人的には若干魔神にビビってる上条さんの目を覚ますためにも
一方通行の一喝をぜひ見てみたいです。

次巻、どんな展開が待っているのでしょうか。
楽しみにしてます。

新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)新約 とある魔術の禁書目録 (8) (電撃文庫)
(2013/09/10)
鎌池和馬

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.09.13 Fri. 00:06 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

「僕は友達が少ない」9巻感想 ※ネタばれ有 

「僕は友達が少ない」9巻読了~。

20130830_01.jpg

夜空が旅に出るというメールが送られてきてってとこからの続き。
ちょっと間が開いた感じがありましたが、
冒頭は小鷹と理科の状況整理みたいな会話があったので復習はOKですねw

そんなわけでまずは小鷹復活からの流れで。

色々とけじめをつけなければならないところですが、
その辺りはひとつひとつ、一人一人に対してといった感じで。

まず大きなところでは星奈の告白の返事。
意外というか、小鷹の中では星奈への恋愛感情がきちんとあり、
むしろ好きだとまで思っていたこと。

20130830_04.jpg

返事の内容はなんとも情けない感じもしますが、
ありのままの正直な気持ちを伝えたという意味ではよかったかな?
二兎を追うものは~という状況ですが、
少なくとも星奈の同意を得られたのは今後も何かと強力な要素となりそう。
理科もですけど。

とはいえ、星奈を好きだというのは特段隠してもない様子で
隣人部の大部分の知るところとなりますし、
要は星奈を最優先にはしないということだけになるのでしょうか。

読者的には隣人部の活動外でエロいとこ見せてよってなものですよ(`・ω・´)

あと小鷹の夜空に対する気持ちが、"重い"の一言だったのがなんというか、
納得できるだけに悲しい理由でしたw
過去にこだわりすぎているのはすごく気になるところでしたが、
小鷹的にも同じだったのですねぇ。。

ということで小鷹がけじめをつける相手として次に大きい存在となりそうな夜空ですが、
思いつきで旅ができるほど行動力のある人間ではなかったですねw

それでも小鳩に匿われ、あまつさえ人の家の風呂でオナニーしてるとこを見つかるとか
なんという転落人生w

20130830_05.jpg

小鷹の空気を読むスキルは超一流でしたが、
追々自ら暴露するとか、堕ちた人間の守る者は何もないという自虐っぷりは
本当いたたまれないものがありますねw

夜空の気持ちが全く理解できなくもないのですが、
これだけのことがあってもまだ今と向き合えない部分が大きいのは
よほど心の壁が強固なものがあるのでしょう。

その大きな原因として、夜空の家庭の話が出てきたのが
今巻を機として、次巻以降にも繋がる重要な話となりそう。

夜空の過去に踏み込むきっかけとなったのは、
生徒会メンバーとのスキー研修の旅館の下見と題した旅行でのこと。

20130830_03.jpg

生徒会長の日向と夜空が姉妹だと発覚したわけですが、
小鷹と生徒会との縁が、意外な形で巡ってきたなぁという感じでした。

日向は夜空と仲良くなりたいと思っているけど、
夜空が壁を作っていて、夜空にはそうなったトラウマがあるという。
素直になれないと一言で片づけるには、
子供の頃の傷というのは深いものがありそうです。

ただ、これまでの夜空では無理だったことも、
今の夜空になら向き合えるとう可能性はあるかもしれません。

今巻は夜空が築いてきたものを一旦全てぶち壊そうとしてる節もありますし、
虚勢が取り払われた今の夜空でも隣人部たちがずっと傍にいることが
夜空にとっても救いと感じるような展開になっていくのかと期待もしてます。

というわけで一気に隣人部の充実度が増したように見える今巻。
なんだかんだ友人となった理科とのいちゃいちゃっぷりが一番多かった小鷹。
相愛のはずが出番が少ない星奈は、小鳩が夜空になついてる姿に悔しさを噛みしめたりと
幸せになっていいはずが全く報われませんでしたねw

恋愛よりもあくまで友達関係、
隣人部としての繋がりを重点に描くといった方向の現れでしょうか。

次巻は夜空と日向の関係修復を中心に、
小鷹がどう立ち振る舞うかが注目となりそう。
隣人部、そして生徒会の面々の協力もあり得るかな?

楽しみにしてます。

僕は友達が少ない9 (MF文庫J)僕は友達が少ない9 (MF文庫J)
(2013/08/27)
平坂 読

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.08.30 Fri. 23:55 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「ソードアート・オンライン」13巻感想 ※ネタばれ有 

「ソードアート・オンライン」13巻読了~。

20130813_01.jpg

壁の外に投げ出されたキリトとアリス、
1人で上層へ向かうこととなるユージオ、
果たしてどうなってしまうのかって感じの前巻でしたが、
今巻はあらすじを読むと全部内容がわかるし、
カラーイラストでもわかるしで…。
公式ネタバレはマジで勘弁してほしいものです。
読書意欲が減退してしまいますので。

まぁ今更であって、これまでも相当なネタばれあらすじでしたが^^;

と不満から入ってしまいましたが13巻の感想。

表紙のキリトとアリスの背中合わせで戦う姿がカッコいいってことで、
なんとか壁に剣を立てて九死に一生を得た2人は
壁を登りながらアドミニストレータが整合騎士に対して行ったことの
真実を語りつつ共闘をすることに。

20130813_03.jpg

アリスは記憶を取り戻すのではなく、
整合騎士のまま独自の判断でアドミニストレータに反旗を翻すことを決意するとか
このあたりは持前の意志の強さが見れてかっこよかったです。
システムアラートの壁を越える=右目がつぶれるとかエグイですが^^;

で、アリスの記憶を取り戻す鍵となるものですが、
妹の話でも、ユージオの話でもダメとなると、もう一人しか候補はいませんねぇ。
キリトにもユージオにも、かつてアリスと3人で過ごした記憶が残っていないので、
この昔の記憶がキリトにとっても伏線として機能するあたり面白いところ。

ユージオにとってはマイナス方面での決定打となりそうで不安要素にもなりえますけど。

そんなユージオは一人ベルクーリ・シンセシス・ワンとの対決。

20130813_02.jpg

温泉で対決とかベルクーリの余裕の表れかと思わせつつ、
実のところユージオの武装完全支配術の威力が半端ないことを示すための
舞台として用意されていたとか、これまで強調されなかったユージオの実力を
見せつける演出の場となりました。

せっかく出てきてベルクーリは完全にユージオのかませ犬みたいになってしまったのは
微妙に残念ではありますが、本作でおっさんの扱いなんてそんなものなんでしょうかねw

でも考え方次第ですが、
整合騎士の弱点は実直すぎる性格にある気がします。
ベルクーリの技であれば、広い場所よりも狭く動きが制限されるほうが有利だし、
まだ隠してた力があったようだしで、
何が何でも勝ちにきたわけでは決してないのは丸わかり。
アドミニストレータが正しいと信じての指令に従うならまだしも、
そうでないと感じた今回の戦いは、本人が意識しない枷となっていたのかも。

とはいえ、アリスとの戦いもですが、キリトとユージオが実力で劣っている部分を
何かしらの理由で補った上で話を展開させていくのは
これまでキリト無双できていたSAOとは違う見せ方をしてるとも言えるのかもですが。

チュデルキン登場もあって、消化不良で終わってしまった
ユージオとベルクーリとの対決。

そしていよいよ長い間張られていた、キリトとユージオの対決の伏線が回収されるとき。

20130813_04.jpg

無事に塔の内部に戻り、チュデルキンを追うキリトとアリスの前に現れたのは
整合騎士となったユージオ。

キリトと修行をして強くなってからはあまり表に出ませんが、
幼い頃からの劣等感、不安感、孤独感みたいなものを刺激してくるとか
アドミニストレータのやり口はえげつないものがありますね。
ユージオがもつ闇の部分をつかれたとはいえ、
あっさりと陥落してしまったのはちょっと拍子抜けでしたがw

そんなこんなで出来上がったキリトとユージオの対決。
キリト評価がべらぼうに高いユージオなだけに苦戦必至という感じですが、
単に勝てばいいという戦いではないのはこれまで同様。

ユージオの場合はある意味で自らの意志で整合騎士になったとも言えるので、
ユージオの中にある闇の部分を払う、
もしくはユージオ自身が打ち勝つ必要がありそうです。

ここでキーとなるのは、キリトとユージオ、アリスが3人で過ごした頃の記憶でしょう。
いい方向にも悪い方向にもなりそうですが、
どんな決着がつくのか楽しみです。

というわけで、あらすじと巻頭カラーを先に見たことで
驚きが全然なかったですが、それ抜きでも楽しめた今巻w

さて巻末には恒例の川原礫続刊情報。

10月10日に「アクセル・ワールド」15巻が、
「ソードアート・オンライン」はプログレッシブ2のほうで冬発売予定。
…ここでプログレッシブを挟むとか微妙すぎますが、楽しみにしてますw

ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング (電撃文庫)
(2013/08/10)
川原礫

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.08.13 Tue. 15:58 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

「蒼柩のラピスラズリ」4巻感想 ※ネタばれ有 

「蒼柩のラピスラズリ」4巻読了~。

20130728_01.jpg

真由香の告白で終わった前巻。
冬夜が中途半端に受け入れないか心配でしたが杞憂だったようです。
でもまぁすぐに答えを出すのではなく、
自分の中で期限を設定しつつの考慮時間を貰ったのは、
冬夜なりの誠意の見せ方でもあったかな。

真由香からの告白は自然と、
というか2人の不自然な態度から周囲にバレていくのは
必然ではありますねw

霧谷家との協力関係から交流が増えている七海も
冬夜に告白しているので、こちらのアプローチも相変わらず。

20130728_02.jpg

真由香を後押ししようとラピスが企画した海に遊びに行くイベントも
七海の乱入で思わぬ方向に事態が発展。
冬夜との夏祭りデートを賭けて、
再びよみがえったという遺産No.11<蜃気楼>の蒐集対決が勃発。

今回のメインとは違いましたが、
いずれ相対するであろう遺産No.13<白兎>への伏線へと繋がる形でした。
冬夜にとっては、セツナとの対決を打ち明けずに
パワーアップできたりと、図らずも下準備が出来たりもしましたね。

そして、今巻でメインの1つである真由香への告白の回答。
結果としては真由香の気持ちに応えることはできなかったものの、
1人の女の子として意識するという傍から見たら今更なステップアップですが、
当人たちにとっては大きな前進といえるかな?

今巻では冬夜が家族を守ろうとする
病的なまでのこだわりの理由も明かされていきました。
そういう理由を知っている人にとっては
小さくても前に進んでいけることの大きさが実感できるのかもです。

で、このままセツナとの戦いに突入するかと思いきや、
<剣舞士の首飾り>の精神汚染により、
真由香と一線を越えそうなギリギリ展開が発生。

20130728_04.jpg

今巻の真由香は可愛さ爆発でしたが、
このイベントではビッグバン級の破壊力を見せてくれましたねぇ。
健気でいじらしくて、冬夜への気持ちが純粋すぎて、
女の子らしさ全開な言葉の数々に、さすがの冬夜の意志も粉砕でしたw

ただ、もうこれは最後までいくかと思ったとこで、
ラピスを思い出して踏みとどまったのは、
冬夜がラピスに対して真由香への行為を踏みとどまらせるに足る気持ちを
持っているからと言えますね。

ラピスを悲しませる結果を無意識に感じたのかもですが、
冬夜自身もラピスへの気持ちを言葉にできてない部分もある様子。
真由香の気持ちを知り、自分の中で恋愛を意識するようになっているのかも。
冬夜の気持ちの変化は、今後も鍵となりそうかな。

そんなことがありつつ、
今巻のもう1つのメインであるセツナとの対決へ。

その前でラピスに対して家族ではなく、
所有者としての対応をしたのも大きな出来事でしたが、
これは次巻以降の問題として語られそうです。

20130728_03.jpg

さて、対セツナ戦。

冬夜がどこまで戦えるのかという点が鍵でしたが、
戦場舞踏を使えるようになった冬夜にとっては、
唯一の勝機であるセツナの手からフェンリルを奪う手段を
実行させるだけの戦況を生み出すまでに実力の差が縮まっていましたね。

ただ、一度のチャンスをモノにできなかったことと、
その結果でセツナが出し惜しみをせず第二形態になったことは
絶望的なまでに冬夜に敗北を実感させる結果となってしまいました。

元々が無謀な挑戦ではあったけれど、
思いのほかセツナが本気で冬夜に対していたのも意外といえば意外。
殺さないようにという手心はあっても、
殺さない範囲で全力ではあったようです。

ところが、これで勝負ありかと思ったところに現れた梨央。

20130728_05.jpg

戦う=死の可能性がある彼女が出てきたというのは
この勝負がいかに重要であるかがわかるし、
単純に大切な人を守るためという梨央の気持ちの表れでもあるのかも。

暴走してしまったからとはいえ、一度は梨央の命を奪ったセツナにとっても、
梨央との戦いは何よりも回避したかったことでしょう。
この2人の戦いは、必然だったかもですが
切ない結果しか生まないように見えてしまいます。

あとは個人的に本作で一番梨央が好きなので、
ここで退場とかは勘弁願いたいというw

というわけでいいところで次巻に続きました。
見たいような見たくないような展開ですが、
家族、恋愛、使命にと毎巻きっちり進展があるのが
読んでいて楽しく、面白いです。
もちろんサービスシーンも大歓迎^^

次巻、果たして梨央とセツナの対決の結果は、
<白兎>の登場はあるのか。
楽しみにしたいと思います。

蒼柩のラピスラズリ4 (MF文庫J)蒼柩のラピスラズリ4 (MF文庫J)
(2013/07/24)
あさのハジメ

商品詳細を見る

テーマ: 雑記

ジャンル: サブカル

カテゴリ:ラノベ

2013.07.28 Sun. 22:12 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

copyright©2017 のらくら雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ


template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。